和倉温泉/Hot spring of Wakura | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン

和倉温泉/Hot spring of Wakura

和倉温泉/Hot spring of Wakura

Hot spring of Wakura | Noto Peninsula Summer ver.

日本海に面し東西約100km、南北約200kmと南北に細長い形状をしている石川県。その中に和倉という全国有数の温泉街があります。
夏の和倉では、波のたたない七尾湾で楽しめるアクティビティ、イルカの親子が泳いでいる姿を見るツアー、自転車を借りてのサイクリング、夕日が綺麗に見える「千里浜」、温泉街で開催される花火大会、そして日本の夏の風物詩でもある祭りが楽しめます。

この地元の祭り「石崎奉燈祭(いっさきほうとうまつり)」は、キリコと呼ばれる巨大な灯籠を担ぎ街を練り歩くのですが、その風景は祭りを見た誰もを魅了します。

日本の原風景など、「夏の香り」が漂う映像を見てみませんか?

Hot spring of Wakura | Noto Peninsula

東京から、日本海側に位置する石川県・金沢まで、これまで4時間以上かかっていましたが、2015年3月14日の北陸新幹線開通で、2時間半に短縮されました。

その石川県を代表する温泉町が、和倉温泉。静かな海沿いにある自然豊かな土地で、日本に来たら一度は訪れたい場所です。
美しい海の景色、優れた効能を持つ温泉、日本屈指のおもてなし、新鮮な海の幸、ありのままの姿で佇むお寺など、地域の魅力がコンパクトにまとまっています。ここはショートステイでも十分に満足のいく滞在が期待できますし、能登半島の旅を楽しむベースにも最適です。

そんな和倉温泉の様子を、まずはのぞいてみませんか?

和倉温泉を知る

和倉温泉を歩く

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    おすすめ教えます! 和倉温泉を満喫するためのゴールデンプラン

    コンパクトで移動しやすい和倉の町は、短い時間でも満喫できます。とはいえ初めて行く場所、どんなふうに過ごしたらいいか、どうしたら楽しみ尽くせるか、迷いますよね。この記事では、和倉温泉に昼到着でも十分に満喫できる、おすすめプランをご紹介します。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    一軒じゃもったいない!和倉温泉の夜はハシゴ酒を堪能しよう

    和倉温泉といえば新鮮な魚介類ですが、実は能登半島はお酒が美味しい土地でもあるのです。和倉温泉にはおいしいお酒と、お酒にぴったりの一皿を提供してくれるお店がいくつもあります。コンパクトにまとまった和倉温泉では、飲み歩きがぴったり。今回は、地物を使ったおつまみ、さらには周辺で作られたお酒を堪能できるお店をご紹介します。

  • 和倉の町ならではの絶品スイーツめぐり!

    和倉に来たら、温泉に浸かって旅館でゆっくりするはもちろん、温泉街をぶらぶら散策するのも楽しいものです。絶景足湯や温泉卵の他にも、和倉の街にはまだまだ魅力が隠されています。地元の食材を使った美味しいスイーツもそのひとつ。さぁ、和倉ならではのスイーツを味わいに、温泉街へ繰り出しましょう!

和倉温泉で食べる

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    和倉の海の幸を海鮮丼で贅沢に!「能登海鮮丼 みとね 」

    魚の旨さには定評のある石川県。和倉温泉には寿司のお店はいくつかありますが、海鮮丼を専門に扱うお店はありませんでした。そこで地元の人に人気の寿司の名店「信寿し」が2012年、和倉温泉の中心部にオープンさせたのが「能登海鮮丼・みとね」。名店の伝統と味を受け継ぐ海鮮丼は、新鮮さはもちろん、味にもこだわった絶品です。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

    石川県七尾市和倉は、温泉地としてだけでなく、石川県内でも魚介がおいしいと有名です。その理由は、海と森に囲まれた豊かな環境、独特な形状をした七尾湾にプランクトンが集まり、よい魚が獲れるためだと言われています。この地域が生み出す海の幸を気軽に味わいたいのなら、オススメはなんといってもお寿司です。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」一流パティシエ辻口博啓のスイーツを和倉温泉で堪能!

    楽しい旅と言えども、町を歩き回っていると疲れてしまうもの。そんなときにあったらうれしいのが、甘いものを食べられるお店ですよね。和倉温泉でぜひ訪れてほしいのが、世界のコンクールでの優勝経験も持つ日本屈指のパティシエ辻口博啓氏のスイーツが味わえる「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    和倉発「ご当地牛乳グランプリ」で金賞を受賞した絶品牛乳

    石川県七尾市和倉の牛乳屋、能登ミルクほりかわミルクショップの「能登ミルク」は、健康な牛を育てる環境作りからこだわった地元が誇るおいしい牛乳です。どこか懐かしい牛乳ビンやラベルのデザインは、以前大手印刷会社で働いていた店主の堀川さんによるもの。「飲み終わってからも飾れるように」と考えてデザインしたそうです。

和倉温泉を体感する

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    石川県の和倉温泉で、自転車に乗ってここだけのアクティビティを楽しもう!


    日本の温泉地には、温泉以外にも楽しめるスポットのあることが多いです。そこで今回は、石川県の和倉温泉だからこそ楽しめる、地形や観光資源を活かした人気アクティビティーを紹介していきます。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    日本で4カ所だけ! イルカと遊べる石川県の能登島に行ってみよう


    和倉温泉のある和倉から橋で渡れる能登島では、イルカを見られるツアーが開催されています。親子で泳ぐイルカを見に、能登島まで行ってみませんか。日本で野生のイルカを見られるのは、能登島を含めて4カ所だけです。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    あったまるだけじゃない! 和倉温泉の足湯と手湯

    温かいお湯に浸かってくつろげる温泉は、日本の魅力のひとつですが、服を脱いだり、入る前に体を洗ったりと手間がかかります。観光中に気軽に温泉……と言うわけにもいきませんよね。町中散策中のおすすめなが「足湯・手湯」です。足湯は足だけを、手湯は、手のひらだけを温泉に浸すもの。ちょっとした時間でも温泉を楽しむことができます。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    440円で温泉に浸かる。源泉100%のモダンな日帰り温泉施設「和倉温泉総湯」

    手軽な値段で温泉を楽しめる日帰り温泉施設。和倉温泉でおすすめなのが、2011年にリニューアルオープンした「総湯」です。温泉街の中心にある総湯は、そもそも1641年に湯治の湯として作られました。朝7時から夜の10時まで営業しており、温泉宿と同じく源泉100%の和倉のお湯を、より低価格で楽しむことができます。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    泥を塗って、ポカポカに! 和倉の温泉もうひとつの楽しみ方

    和倉温泉のお湯は、海の温泉。豊富な塩分が特長です。塩を含んだ温泉にはいろいろな効果は、主に3つ。傷や皮膚病に効く「殺菌効果」、塩が皮膚につくことで汗の蒸発を抑え、体を冷やさない「保温効果」、毛穴を引き締め肌をなめらかにする「美肌効果」です。今回はその温泉効果を短時間で楽しめるユニークな方法を紹介しましょう。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    思わず息が深くなる。和倉の町はずれに佇む、癒しの寺「青林寺」

    和倉の町のはずれに、旅の疲れを癒す、もしかしたら日常の疲れさえも癒してくれるかもしれない、風光明媚な「青林寺」というお寺があります。和倉温泉の中心部から、海を背にして5分ほど歩いた小さな山の麓に、青林寺は佇んでいます。このお寺のことを知らずに前を通ったとしても、思わずのぞいてみたくなる雰囲気が漂っています。

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

    和倉温泉に来たら、温泉卵を作ることをオススメします。生卵を源泉に浸し数分待つと出来上がるのが温泉卵です。日本各地に温泉はありますが、その土地の泉質によって、全く味わいの異なる温泉卵が出来上がります。和倉温泉で卵を浸すと、和倉温泉でしか味わえない温泉卵に仕上がるのです。

和倉温泉に行く

  • 和倉温泉/Hot spring of Wakura

    東京・大阪から和倉温泉へ行く方法

    日本の都心部から、石川県の和倉温泉へは様々な行き方があります。あなたの優先するものによって、選ぶべき交通手段は異なります。ここではいくつかある和倉温泉への交通手段をご紹介します。拠点は東京か大阪。まずはあなたの出発地を選んでください。