街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

愛知県・名古屋市の名物といえば「金のしゃちほこ」を思い浮かべる日本人も多いでしょう。金のしゃちほこは、名古屋城の天守の両端にそびえています。名古屋城は、名古屋観光の定番スポットです。

2016/01/27 Ai Yoneda

愛知県名古屋市は、日本でも有数の大都市。日本列島の中心部を占める「東海地方」の最大都市でもあります。

そんな名古屋の名物といえば、味噌カツやひつまぶしなどのグルメがしばしば挙げられますが、食べ物以外では金のしゃちほこを思い浮かべる日本人も多いでしょう。では、この「金のしゃちほこ」とはいったい何のことでしょうか。

その秘密は、名古屋のランドマークともいえる名古屋城にあります。金のしゃちほこは、名古屋城の天守(てんしゅ:城内ある一番大きな塔)の両端にそびえているのです。

参考記事: 鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

金のしゃちほこがなぜ城のてっぺんに?

名古屋城は、265年もの間続いた江戸時代の初代将軍である徳川家康が天下統一の際に築城を命じた城です。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

この名古屋城の天守には、金色に輝く2体のしゃちほこがそびえています。しゃちほこ(しゃち)とは、頭部は虎、体は魚の姿をした空想上の生き物で、漢字の表記では魚(fish)という字に虎(tiger)という字を組み合わせ、「鯱」と書きます

しゃちほこは、建物が火事の際には水を噴き出して火を消すと信じられていたことから、建物の守り神とされ、住宅や寺、城に備え付けられることがあります。

当時は、築城に関する規制がかけられていることが多かったため、金のしゃちほこが設置できるのも限られた城だけでした。名古屋城の金のしゃちほこはそれほど貴重なものなのです。

7F建ての天守閣は圧巻!城の中に入ってみた

名古屋城の天守閣の中に実際に入ってみました。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

天守閣は、7F建ての造りとなっています。こちらは地階の様子です。金のしゃちほこの模型が展示してあり、しゃちほこの様子を間近で眺めることができます。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

1Fから5Fまでは展示室となっており、城にまつわる歴史や資料が展示してあります。主要な説明書きには英訳版も添えられているので、日本語がわからなくても安心です。6Fは機械室となっています。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

1Fから7Fの展望室までは、螺旋階段もしくはエレベーターで上ることができます。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

展望台からは、城に隣接している二之丸庭園や名古屋の街を眺めることができます。

豪華絢爛な金色の内装 本丸御殿

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

本丸御殿は、かつて尾張藩主の住まいとして1615年に建てられました。近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されていた建物でしたが、第二次世界大戦の際に空襲で消失してしまいました。

現在(2016年1月時点)、復元作業が進んでおり、2018年には御殿の建物のすべての復元工事が完了する予定です。現時点では、復元が完了している玄関表書院を見学することができます。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

こちらは表書院の内部です。

(※1)やその周りの装飾には金箔がふんだんに使われており、そのきらびやかさには目を奪われます。そして、しんと静まり返った書院内の雰囲気がその荘厳さを引き立たせます。

※1…襖(ふすま)とは、日本で部屋と部屋を区切るために使った仕切り。木枠に紙を貼って作る。

天守閣以外もみどころ満載!

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

名古屋城の敷地内には、天守閣の他に東南隅櫓(すみやぐら)西南隅櫓西北隅櫓という大きな建物があり、どれも重要文化財に指定されています。

この隅櫓の上にも金色でないものの、鯱が設置されています。

隅櫓のまぶしいほど真っ白な外壁は清々しいほどです。

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

こちらは二之丸庭園。城の敷地内にあります。庭園内にある茶屋では抹茶を飲むことができます。

おわりに

街のシンボル「金のしゃちほこ」を見に、名古屋城へ行こう

名古屋観光の定番スポット、名古屋城で金のしゃちほこをその目で確かめてみてください。

Information

名古屋城

住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
営業時間:9:00〜16:30
定休日:12/29〜1/1
Wi-Fi環境:なし
クレジットカードの有無と種類:-
言語対応レベル:-
他言語メニューの有無:英語
最寄り駅:名城線市役所駅
アクセス:名城線市役所駅 7番出口より徒歩5分
価格帯:入場料 500円(中学生以下は無料)
宗教情報:-
電話番号:052-231-1700
公式HP:名古屋城

Author

Ai Yoneda
A Japanese girl who loves Japanese Rock music especially L'Arc-en-Ciel and VAMPS! L'Arc-en-Ciel、VAMPSをこよなく愛する20代です。全国どこでもライブを見に飛び回ってます。出身は山口県下関市です。 日本のロックミュージックと山口の知られていない魅力を中心に、様々な魅力を世界に発信していきたいと思います!

関連タグ

Related Articles

奄美大島に行ったら絶対に見て・触れて・体験して欲しい5つのこと
奄美大島に行ったら絶対に見て・触れて・体験して欲しい5つのこと
奄美大島の伝統工芸!着物の宝石と評される「大島紬」の魅力
奄美大島の伝統工芸!着物の宝石と評される「大島紬」の魅力
泥に入れて黒く染める! 奄美大島の伝統工芸「泥染め」の魅力
泥に入れて黒く染める! 奄美大島の伝統工芸「泥染め」の魅力
【世界遺産】ストリートビューで島根県「石見銀山」を探検!
【世界遺産】ストリートビューで島根県「石見銀山」を探検!
使い込むほどに増す、味のある風合い。「日乃本帆布 浅草店」の帆布バッグ
使い込むほどに増す、味のある風合い。「日乃本帆布 浅草店」の帆布バッグ
日本最古の学校に入学!栃木県「史跡足利学校」
日本最古の学校に入学!栃木県「史跡足利学校」