日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

1993年に世界文化遺産に登録された「姫路城」。その天守閣は2015年の春に「平成の大修理」を終えました。塗り替えられた白漆喰の壁や、修復が済んだ屋根の美しさは誰もが息をのむほどです。今回は、そんな姫路城の魅力をご紹介します。

2015/11/21 Osawa Kumi

1993年、日本の国宝「姫路城(ひめじじょう)」は世界文化遺産に登録されました。その天守閣(※1)は2015年の春に「平成(へいせい)の大修理」を終えました。約5年半におよぶ大修理で塗り替えられた白漆喰の壁や、修復が済んだ屋根の美しさは誰もが息をのむほどで、まさに日本が世界に誇る名城です。

今回は、そんな姫路城の魅力をご紹介します。

※1…天守閣(てんしゅかく)とは、日本の城にある最も高く、象徴となる建造物、櫓(やぐら)。西洋の「KEEP TOWER」によく似ている。

JR姫路駅から姫路城へのアクセス

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

姫路城はその名の通り、兵庫県姫路市にあります。京都や大阪と同じ関西地方(かんさいちほう)に位置し、神戸(こうべ)市と同じ兵庫県内にあります。遠方から姫路に行く際は、新幹線を利用してJR姫路駅を目指すのがよいでしょう。

JR姫路駅に着いたら、まずはホームからエスカレーターで1階に降りて中央出口に向かいます。案内板には姫路城のサインもあります。

左上に描かれた可愛い絵は、姫路市のイメージキャラクター「しろまるひめ」です。姫路城へ行くには、この改札口を出た後、右へ進みます。

関連記事:日本のことば事典「関西地方」

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

しばらく進むと、左側に姫路市観光案内所があり、大きなスクリーンで姫路市の観光案内をチェックすることができます。

各国語に訳されたパンフレットも入手しましょう。姫路城のパンフレットは、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語のものが用意されています。

ドアの左側に「しろまるひめ」がいますね。右側のキャラクターはかつて姫路で活躍したサムライ「黒田官兵衛(くろだかんべい)」にちなんだ「かんべえくん」です。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

「大手門通り」と呼ばれる大通りの先には、周囲の緑と調和した白鷺城(※2)が高くそびえています。天守閣を目指してまっすぐ歩いてください。

※2…白鷺城(しらさぎじょう)とは、姫路城の別称。白い壁と雄大な建築が、まるで白い鷺(さぎ:鳥の一種)が羽根を広げているように見えるため。

いよいよお城に到着です

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

お堀にかかる橋をわたり、最初の大きな門「大手門(おおてもん)」をくぐります。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

大手門を抜け、左に折れると「三の丸広場」と呼ばれる広場が見えてきます。上の写真は三の丸広場から眺めた姫路城の天守閣です。天守閣は、中心となる大天守と三つの小天守で構成されています。大天守と小天守をつなぐ渡櫓(わたりやぐら)の地下には、籠城するための食糧などが備蓄されていたそうです。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

右手に三の丸広場を見ながら歩いていくと、入城門と呼ばれるチケット売り場があります。入場チケットは、自動販売機でも購入することができます。クレジットカードは使用できないので注意してください。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

チケット料金は、大人1,000円、高校生以下の小人は300円です。チケットには、歴代城主の家紋(※3)が描かれています。

※3…家紋(かもん)とは、日本における家柄や血統をあらわす紋章のこと。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

入城してすぐに目に入ってくる大きな門が「菱(ひし)の門」です。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

菱の門から、いの門、ろの門、はの門と、順番に門をくぐり抜けながら天守閣を目指します。「いろは」とは、日本のABCのようなもの。このあたりでは映画やテレビで放映する時代劇の撮影が行われました。

ついに天守閣へ

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

大天守の入り口では靴を脱いで、配布されるビニール袋に入れてください。写真撮影は可能ですが、フラッシュの使用は禁止されています。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

内部には段差もあり、とても急な階段を上っていくので足元に注意。階段上部では頭をぶつけないよう気をつけましょう。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

大天守は、外から見ると5階建てに見えますが、実際は地階から地上6階まで7層構造の建物です。最上階には小さなお社(おやしろ:神社のこと)もあります。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

最上階からは、緑あふれる姫路市街を眺めることができます。屋根瓦の美しさが際立ちますね。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

天守閣を降りて外に出ると、備前丸(びぜんまる)と呼ばれる広場が見えます。ここからだと迫力のあるお城の写真が撮影できます。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

ぬの門の近くには、天守の最上部に飾られている鯱鉾(しゃちほこ)もしくは鯱瓦(しゃちがわら)が展示されています。鯱(しゃち)とは、頭はトラ、体は魚という想像上の生き物です。日本ではこの鯱をモチーフとした瓦が、城郭の屋根の装飾に使われてきました。

西の丸へ

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

この坂道を上って西の丸に向かいます。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

西の丸は、天守閣と異なり、細長い建物です。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

西の丸の内部には、「百間廊下(ひゃっけんろうか)」と呼ばれる長い廊下が続きます。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

化粧櫓(けしょうやぐら)と呼ばれる場所では、日本の伝統的なカードゲーム「かるた遊び」が人形を使って再現されています。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

西の丸にある庭園から眺めた天守閣。こちらも最高の撮影スポットです。桜の季節はお花見を楽しむこともできます。

日本が誇る世界遺産、築城400年を超える姫路城を訪ねて

時間に余裕がある場合は、三の丸広場から夜のライトアップをご覧になってみてください。青空をバックにした昼間の姿とは違った夜のお城も、旅の思い出に彩りを添えてくれることでしょう。

Information

姫路城

住所:姫路市本町68番地
営業時間:09:00~16:00(閉門は17時)
※夏季(4月27日~8月31日)は9時~17時(閉門は18時)
休城日: 12月29日・30日
Wi-Fi環境: あり(HIMEJI Wi-Fi)
クレジットカードの有無と種類:VISA,MasterCard
言語対応レベル: HPは英語・中文・韓国語・仏語・スペイン語・ポルトガル語・ドイツ語・ベトナム語
他言語メニューの有無:あり
最寄り駅:JR姫路駅・山陽姫路駅より徒歩20分
価格帯:300円〜1,000円
宗教情報:-
電話番号:079-285-1146
公式HP:姫路城

著者

Osawa Kumi
日本文化、特に絵画や工芸品が好き。福岡、京都、大阪、ベルギー、アメリカを経て現在は神戸在住。座右の銘は「住めば都」。

関連タグ

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して
日本の情報をチェックしよう。

関連記事

【雨の日】Scotch Grainのシャインオアレインは、豪雨にも負けない最強の日本製本革靴
【雨の日】Scotch Grainのシャインオアレインは、豪雨にも負けない最強の日本製本革靴
【KAMAKURA】江戸時代は“縁切寺”だった「東慶寺」は恋や婚活に迷ったら訪れたいパワースポット!
【KAMAKURA】江戸時代は“縁切寺”だった「東慶寺」は恋や婚活に迷ったら訪れたいパワースポット!
京都伏見稲荷の守り神がお土産に!キツネグッズを見てみよう
京都伏見稲荷の守り神がお土産に!キツネグッズを見てみよう
【KAMAKURA】〜夜の鎌倉〜昼間は見られない、鎌倉の素顔
【KAMAKURA】〜夜の鎌倉〜昼間は見られない、鎌倉の素顔
浅草の雷門の歴史と背景を知り、浅草観光をさらに楽しもう!
浅草の雷門の歴史と背景を知り、浅草観光をさらに楽しもう!
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選