鰻を一度に3回楽しめる! 名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

愛知県名古屋市の名物「ひつまぶし」。鰻丼によく似たメニューですが、実は食べ方も魅力も大きく違う料理です。日本人でもよく知らない、ひつまぶしの食べ方と魅力を紹介します。

寿司、天ぷら、ラーメンに並ぶ日本の郷土料理「鰻丼(うなどん)」。非常に有名な料理なので、日本人ではなくとも日本料理が好きな方ならば、一度は口にしたことがあるかもしれません。

愛知県の郷土料理に、そんな鰻丼によく似た「ひつまぶし」という料理があります。

一見すると鰻丼と同じ料理に見えるのですが、実はまったく違う方法で楽しむメニューなのです。タイトルにもあるとおり、ポイントは「一度で3つの味を楽しめる」ということ。これだけ聞いてもどういうことなのかよくわかりません。

さて、ひつまぶしとは、一体どんな料理でどのように食べればよいのでしょうか?

ひつまぶしを食べる5STEP

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

ひつまぶしを注文すると多くの場合、こちらの写真のように4つの器が提供されます。右下にある器がメインの料理で、ご飯の上に鰻(うなぎ)や海苔(のり)が盛られています。鰻丼との違いは、鰻の身が細かく刻まれている点、海苔など鰻以外の具材が盛られている点です。

それではここから、鰻丼とは違うひつまぶしの食べ方を5段階に分けて解説します。

STEP1.丼の中身を4分割する

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

まずは右下の器を、スプーンまたはしゃもじ(ごはんを守るための専用道具)で4分割しましょう。ご飯だけでなく、鰻やそのほかの具材も均等に4分割します。

STEP2.鰻とご飯を小皿に盛る

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

続いて、4分割した内のひとつのブロックを、あらかじめ提供されている小さな器に移します。この小さな器は取り皿です。

取り皿に移したら、あとは食べるだけ。普通の鰻丼と同じような甘くてコクのある味わいを楽しむことができます。

STEP3.薬味と鰻、ご飯を混ぜて食べる

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

移した分を食べ終わったら、さらにもうひとブロックを取り皿に移します。先ほどとは違い、今度は最も小さな器に盛られている薬味(やくみ:ワサビやネギなどの香辛料)も一緒に取り皿に移します。

薬味の種類はお店によって、ワサビや漬物などの違いがあります。こちらのお店の場合はワサビです。薬味が全体に広がるよう、しっかりと混ぜ込んでください。薬味の辛みや風味が行き渡り、1回目にはない爽やかさが味わいに加わります。

STEP4.お茶、またはダシと一緒に食べる

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

さて、半分ほど食べ終えたところで少しお腹が膨れてきました。次の3ブロック目はどのように食べるのでしょう。

ご飯と鰻を盛ったあと、黒い容器に入ったスープを注ぎ入れます。スープの正体はあっさりとしたダシ汁(※1)。お店によってはダシ汁の代わりにお茶を使う場合もあるようです。

※1…ダシ汁(だしじる):魚や肉から煮出したスープ。

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

ダシ汁のおかげで濃厚な鰻の味が、より上品に感じられます。また、お腹がいっぱいでも無理することなく、さらさらと流しこむように食べることができます。

STEP5.最後はお好みの食べ方で

ここまでで鰻とご飯を3つの食べ方で味わうことができました。あなたのお気に入りはどの食べ方でしたか? 最後に残ったひとブロックは、その一番好きな食べ方で食べてみましょう。

名古屋に行かなくても、ひつまぶしは食べられます!

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

ひつまぶしは、名古屋の名物料理ではありますが、最近では東京や大阪などそのほかの地域でも食べることができるようになりました。例えば今回うかがった「名代 宇奈とと 浅草店」も、そんなお店のひとつです。

「名代 宇奈とと」は、リーズナブルな値段でひつまぶしや鰻丼などの鰻料理を食べられるチェーン店。浅草のほか、新宿や大阪梅田などの観光地にも店舗を持っています。

鰻の味を一度に3種楽しめる、名古屋名物「ひつまぶし」の食べ方

その他にもひつまぶしを食べられるお店は、名古屋以外の都市に増えつつあります。ひつまぶしの美味しさを体験したあとは、ぜひ本場名古屋にも足を運んでみてください!

Information

名代 宇奈とと 浅草店


住所:東京都台東区花川戸1-5-2
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし
Wi-Fi環境:なし
クレジットカードの有無と種類:-
言語対応レベル:-
他言語メニューの有無:なし
最寄り駅:東京メトロ銀座線浅草駅、都営浅草線浅草駅
アクセス:銀座線浅草駅から徒歩1分、浅草線浅草駅から徒歩3分
価格帯:100円〜2,000円
宗教情報:-
電話番号:03-3842-6969
公式HP:名代 宇奈とと

Author

Hiromasa Uematsu
MATCHAで編集やってます植松です。87世代。

関連タグ

Related Articles

博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」
【福岡】あなたの五感を刺激するカフェ「manu coffee」大名店
【福岡】あなたの五感を刺激するカフェ「manu coffee」大名店
やかんで食べるうどん?博多あかちょこべの「ずぼらうどん」
やかんで食べるうどん?博多あかちょこべの「ずぼらうどん」