日本のことば事典「江戸時代」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
日本のことば事典「江戸時代」

日本のことば事典「江戸時代」

「江戸時代」とは何か、訪日旅行客向けに簡潔にご説明します。

2015/09/23 MATCHA

江戸時代(えどじだい)」とは、日本の時代区分のひとつで、1603年~1868年の265年間のことを指します。一般的に日本人が「江戸時代」と聞いて思い浮かべるのは、着物を着て髪を結った人々や軍の指導者である将軍(しょうぐん)、兵士である侍(さむらい)の姿。多くの訪日観光客が「日本」という言葉から思い描くものに近いでしょう。

現代の日本人にもなじみ深い

日本のことば事典「江戸時代」
京都を着物で散策!手ぶらでOKな着物レンタル夢館-ゆめやかた-より

現代の日本人にとって江戸時代は学校の教科書や、映画、テレビの中の世界ですが、当時の日本人像には意外と親しみがあります。髪型や着ているもの、対象に違いはあっても、新しいものを積極的に楽しむところが現代日本人とよく似ています。

日本のことば事典「江戸時代」
【SHITAMACHI】江戸を知るならゼッタイに外せない「深川江戸資料館」より

たとえば、戦が少なく平和だったこの時代には、相撲(すもう)・歌舞伎(かぶき)・浮世絵(うきよえ)・落語(らくご)などの娯楽を一般市民が楽しむようになりました。また、寿司(すし)・天麩羅(てんぷら)・そば(ソバの実を加工した、麺類の一種)・うどん(小麦粉を加工した、麺類の一種)などを買ってその場で食べられるように工夫した屋台(やたい)の店が、日本初のファストフードとして大繁盛したといわれています。

江戸時代をテーマにした観光スポット

日本のことば事典「江戸時代」
【SHITAMACHI】江戸を知るならゼッタイに外せない「深川江戸資料館」より

江戸時代をテーマにした観光スポットとしては「江戸ワンダーランド日光江戸村(にっこうえどむら)」(栃木県)、「東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)」(京都府)、「深川江戸資料館」(東京都)などの施設があります。

他にも、古いものを未来に伝えたいという想いから、日本各地に江戸時代の雰囲気を残した町並みが保存されていて、日本人にも人気の観光地となっています。

Author

MATCHA
MATCHA編集部のアカウントです。 訪日旅行者の知りたい日本の役立つ情報や、まだまだ知られていない隠れた日本の魅力を発信します。

Find Out More

Related Articles

お台場の開放的な景色を堪能!レインボーブリッジを徒歩で渡る方法
お台場の開放的な景色を堪能!レインボーブリッジを徒歩で渡る方法
フォアグラと蒲焼き!?春日の老舗「わたべ」の本格&革新鰻料理
フォアグラと蒲焼き!?春日の老舗「わたべ」の本格&革新鰻料理
目的地は京都駅?市内中心部?大阪から京都へのアクセス紹介
目的地は京都駅?市内中心部?大阪から京都へのアクセス紹介
日本初の世界遺産登録地「屋久島」へのアクセス方法
日本初の世界遺産登録地「屋久島」へのアクセス方法
訪日旅行者が日本に来る前に知っておきたかった4つのこと
訪日旅行者が日本に来る前に知っておきたかった4つのこと
いまさら聞けない、”コンビニコーヒー”の使い方
いまさら聞けない、”コンビニコーヒー”の使い方