京都の小さなお寺で無料コンサートを楽しむ!浄慶寺「テラの音」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

京都御所南エリアの一角、御幸町通りに面して建つ「浄慶寺(じょうきょうじ)」では、本堂で定期的に無料コンサートが行われています。その名も「テラの音(てらのね)」。京都の小さなお寺で音楽を楽しみませんか。

「テラの音」で心地よいひとときを

近年、こだわりの飲食店やおしゃれなカフェなどが増え、観光客だけでなく京都在住の方々にも注目されている京都御所(きょうとごしょ)南エリア。

その一角の御幸町通り(ごこまちどおり)に面して建つ「浄慶寺(じょうきょうじ)」というお寺では、本堂(※1)で定期的に無料コンサートが行われています。

※1……本堂(ほんどう):仏像が安置されている、寺院内の最も中心的な建物のこと。
京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

その名も「テラの音(ね)」。京都の小さなお寺と、若手の音楽家たちが手をつなぎ、音楽を通して気軽に立ち寄ることのできる場所を作ろうと、2013年4月からスタートしました。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

テラの音代表の住職(じゅうしょく:寺の長である僧)・中島浩彰(なかじまひろあき)さんと、企画代表でバイオリニストの牧野貴佐栄(まきのきさえ)さんです。

お2人がテラの音を立ち上げることとなったきっかけは、東本願寺岡崎別院(ひがしほんがんじおかざきべついん)というお寺で開かれていた、あるコンサートでした。

腕はあるのに演奏の機会が少ない新進気鋭の音楽家と、人々に気軽に訪問してもらいたいと考えている京都の小さなお寺。出会ってすぐに双方の希望と情熱がマッチし、定期的に開催されるコンサート「テラの音」企画は立ち上がりました。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

静かなお寺の本堂で、素晴らしい演奏を無料で聴くことができる。そんなテラの音ならではの魅力が、地域の方のみならず海外の方も含めたくさんのお客さんの心を掴んでいます。

参加者のなかには、演奏の合間や閉会時に聞ける住職のお話を目的のひとつにしていらっしゃる方もいるのだとか。

入場無料!その訳は?

現在ではクラシックに関わらず、さまざまななジャンルの音楽家たちが参加しています。お客さんの中には、毎回聴きにくるリピーターの方も珍しくありません。

ひとりでも多くの方に来ていただき楽しんでもらうため、初回から入場料は無料です。そのため、演奏者の方々のギャラは基本的にはありません。

その代わり、「最後にみなさんのお気持ちをお賽銭(おさいせん:神仏に願い事をして叶ったお礼として神や仏に奉納する金銭のこと)でいただいています」とのこと。

定期コンサート「テラの音」は3ヶ月に一度、第1金曜日の19:00から開催しています。また、企画に賛同している寺院のひとつ、北白川にある圓光寺(えんこうじ)では不定期でコンサートを開催しています。

音楽が好きな方は一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

歴史は400年! 浄慶寺の見どころ

最後に浄慶寺の基本情報をご紹介します。浄慶寺は1604年に建てられた、400年以上の歴史を持つお寺です。寺院内では400年前から在る宝物を見ることもできます。

たとえば、敷地内の左手にある蓮如(れんにょ:15世紀に活躍していた僧)の像や、土地の守り仏として大切に受け継がれている石地蔵(いしじぞう)などです。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

今回お話を伺った住職の中島さんは、宗派の違う僧侶たちが集うコミュニティ「フリースタイルな僧侶たち」にも属されていて、とてもフレンドリーなお人柄。通称フリスタと呼ばれるこのコミュニティ、仏教を身近に感じてもらえるようにフリーマガジンを発行したり「仏教の言葉が失恋などの身近な問題に効くのかを考える会」などトークイベントも行っています。

そんな中島さんは宗教観を大切にしつつも、しきたりや既成概念にとらわれず地域密着型のお寺を目指していらっしゃいます。浄慶寺の書院(しょいん:お寺の学問所)で月に1度開かれている語らいの場「ぶっちゃけ問答(毎回テーマを設定しそれについて参加者と語り合う)」など、ユニークなイベントも開催中です。見学は自由なので興味のある方はウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

ちなみに余談ですが、敷地内にある蔵(くら:家財・商品などを安全に貯蔵するための建物)は、不定期でBARとしてオープンしています。開店状況についてはFacebookで告知があるとのことなので、タイミングが合うラッキーな方はぜひ訪れてみてください。テラス席もあって、風が気持ち良い季節は最高ですよ。

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

京都のお寺で無料コンサートを楽しむ! 浄慶寺「テラの音」

Information

浄慶寺(じょうきょうじ)


住所  :京都府京都市中京区御幸町通竹屋町下る松本町563
Wi-Fi環境:あり(無料)
クレジットカードの有無と種類:なし
言語対応レベル:なし
他言語メニューの有無:なし
最寄り駅:
京阪 丸太町駅1番出口 鴨川を渡り西へ徒歩10分(680m)
地下鉄烏丸線 丸太町駅5番出口 竹屋町通りを東へ徒歩10分(670m)
地下鉄東西線 京都市役所前10番出口 御幸町通りを北へ12分(840m)
バス停
河原町丸太町駅下車 南西方向へ徒歩5分 下記バス系統番号
3、4、10、17、37、59、65、93、202、204、205
宗教情報:仏教
電話番号:075-211-0442
浄慶寺公式Facebook:浄慶寺
テラの音公式Facebook:テラの音
浄慶寺公式HP:浄慶寺

Author

ふじき ゆみこ
写真家/企画屋 京都生まれ。11歳から東京育ち。現在は京都と東京を拠点に活動中。http://fujikiyumiko.com

関連タグ

Related Articles

関東の夏の夜を楽しもう。関東都内近郊花火大会5選
関東の夏の夜を楽しもう。関東都内近郊花火大会5選
自然と花火のコラボを楽しむ!関東地方の花火大会5選
自然と花火のコラボを楽しむ!関東地方の花火大会5選
海面に咲く夏の花。神奈川県&千葉県の海で見る花火大会6選
海面に咲く夏の花。神奈川県&千葉県の海で見る花火大会6選
1年中楽しめる夢の花園、栃木県「あしかがフラワーパーク」
1年中楽しめる夢の花園、栃木県「あしかがフラワーパーク」
開催は年に2回だけ。調布「東京蚤の市」で、素敵なアンティークに出会う
開催は年に2回だけ。調布「東京蚤の市」で、素敵なアンティークに出会う
【毎週土曜】食は言葉を超える!神戸三宮のファーマーズマーケットで生産者との交流を楽しもう
【毎週土曜】食は言葉を超える!神戸三宮のファーマーズマーケットで生産者との交流を楽しもう