新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

みなさんご存知の通り、お酒は世界共通のコミュニケーションツール!
しかし、お酒のマナーや嗜み方はそれぞれ違います。そこで、海外の方に日本のお酒文化を知ってもらうため、まとめてみました。

基本的な順序

1・お通し、つきだし

日本には「お通し」といって、まず初めにおつまみが提供される制度があります。これはほとんどの居酒屋にあり、サービス料として「お通し代」を払わなければなりません。稀にお通し代に加え、席代を払わなければいけないお店もあります。

※一般的に関東では「お通し」、関西では「つきだし」と言われています。

2・乾杯!

新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

特に決まりはありませんが、日本では最初にビールで乾杯するのが一般的です。
乾杯する際には「乾杯(かんぱい)!」と言ってみましょう!

3・おつまみを頼もう!

新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

やっぱり定番のおつまみは枝豆!ごく稀にお通しが枝豆の居酒屋もありますが、別に頼む場合が多いです。他には焼き鳥、冷ややっこなど、日本ならではのおつまみもたくさんあります。

4・ビールに飽きたら……?

ビールに飽きたら、焼酎やカクテル酎ハイを頼むのが日本風です!
是非この機会に、自国では飲めない日本のお酒を飲んでみては?

5・呑み終わったら……〆にラーメン!

新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

写真:イラン人店主が作る塩ラーメンがうまい!東高円寺「BiaBia」

1次会、2次会の後、日本のサラリーマン達は〆にラーメンを食べることも。これは日本特有ですね!

お酒の種類

日本酒
醸造したお酒で、焼酎とは製造過程が違います。主に冷やしたり、暖めて飲みます。

焼酎
日本酒とは違い、蒸留したお酒です。日本ではストレートでも飲みますが、氷や水、お湯で割って飲む場合が多いです。

梅酒
梅を焼酎に漬け込んだお酒です。日本では主に女性に人気があります。

お酒の席でのマナー

それぞれの国に色々なお酒の席でのマナーがありますが、日本にも同様に存在します。今回は特に会社の飲み会など、上下関係を意識しなければならないルールをご紹介します。

1・残りが少なければ、注ごう!

新入社員は必ずチェック!日本でのお酒のマナーと嗜み方

相手のグラスは空にさせない事が日本でのマナーです。瓶から注いで呑むものの場合、相手のグラスの残りが少なくなってきたら注ぎましょう。注ぐ際には、ラベルを上にし、出来るだけ瓶の残りが多いものから注ぐこともマナーです。個別に頼むものの場合は、「何か飲まれますか?」と一言聞くのが日本式です。

2・上座と下座

日本では上座と下座と言って、座る席にも位があります。これはお酒の席だけではなく、目上の方といる際はいつでも意識しなければならないマナーです。

部屋や場所により上座は変わりますが、基本的には入り口から一番遠く、目立つ席にその日の主役や、目上の方が座ります。反対に入口から一番近い席が下座です。詳しくは、店員さんに聞いてみましょう。
いかがでしたか? 日本を訪れた際は是非、日本人風にお酒を嗜んでみてください!

※日本では満20歳未満の飲酒、喫煙は違法です。旅行で訪れる前に確認しておきましょう。

Author

Haruka Kobayashi
現在、韓国留学中。栃木県宇都宮出身、千葉育ち。外国への憧れから日本をでたものの、いざ出てみると日本の素晴らしさに気づく。主にMATCHA韓国語版でお手伝いさせていただいてます。

関連タグ

Related Articles

最安値は⁉︎ 東京から長野への行き方まとめ
最安値は⁉︎ 東京から長野への行き方まとめ
【節約】旅人必見!Suicaを10円単位でチャージする方法
【節約】旅人必見!Suicaを10円単位でチャージする方法
【保存版】好みの日本酒・焼酎・ウイスキーの選び方
【保存版】好みの日本酒・焼酎・ウイスキーの選び方
【保存版】コンビニでのお酒の買い方・選び方
【保存版】コンビニでのお酒の買い方・選び方
東京から広島までの行き方を徹底比較。一番お得な行き方は?
東京から広島までの行き方を徹底比較。一番お得な行き方は?
最安値は⁉︎ 東京から横浜への行き方まとめ
最安値は⁉︎ 東京から横浜への行き方まとめ