【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

2014/03/29 Shingo Nagata

スカイツリーの足下に広がる街、押上。「せっかく下町に来たんだから、日本の歴史を感じる建物でここにしかないものが食べたい!」なんてワガママも、叶えましょう、押上の「スパイスカフェ」で。

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

蔦が絡まった外観が目印

路地裏にある店舗で、隠れ家のようなお店。目立たないけれど、お客さんが途絶えない名店です。お客さんの心を掴んで離さないのは、味に絶対的な力がある証拠。

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

入り口はこんな感じ。見逃さないように気をつけて。

入り口をくぐると、お店のスタッフ自らが、木造アパートを改装したというこだわりの内装がお出迎え。木目が、木のぬくもりを伝えてくれます。

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

木の質感と日光の当たり方が計算された間取りと、漆喰の壁にはめ込まれた丸い窓。自然と共存する、古き良き住居の工夫が凝らされた、趣ある店内です。

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

「スパイスカフェ」の名物はカレー。カレーは元々インド料理ですが、お店のオーナーは世界を回って料理を勉強した方で、日本人の口に合うようにアレンジして出してくれています。

【SHITAMACHI】押上の古民家「スパイスカフェ」で本格カレーを食す

メニューはベーシックな4種と日替わりの2種。お好みでセレクトできます。特にこの店独自のラッサムがオススメ。スパイスたっぷり、具の旨味を生かしたカレーはやみつき。

カレーだけでなく、諸外国の料理を自分たちの味覚に合わせて独自に作り替えることはよくあること。日本人は他国のいいところを日本人に合うように進化させることが得意です。それは料理においても同じなのです。

和式のこだわりが活きる店内で、日本風にアレンジされた本格インドカレーに舌鼓。押上に来たからには、寄らない手はありませんね。

Information

スパイスカフェ


住所:東京都墨田区文花1-6-10
電話番号:03-3613-4020
最寄駅:各線「押上(スカイツリー前)駅」A1出口より徒歩10分
営業時間:11:45~22:00
定休日:月曜日、第3火曜日
公式HP:http://www.spicecafe.info/

Author

下町が好きすぎて下町に居を移してから早五年。会社の同僚と東京の右側の飲み屋をこよなく愛するサークル「東会」を結成。それだけでは物足りず、高校、大学時代の友達を東側に引きずり込むため日々努力中。誰とでも呑みに行きたいが、酒は弱い。

関連タグ

Related Articles

伊勢神宮すぐそば。三重県伊勢市「おかげ横丁」の絶対食べたいオススメグルメ4選
伊勢神宮すぐそば。三重県伊勢市「おかげ横丁」の絶対食べたいオススメグルメ4選
お肉が絶品!日本のクラフトビールを味わうなら「YONA YONA BEER WORKS」
お肉が絶品!日本のクラフトビールを味わうなら「YONA YONA BEER WORKS」
博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」