徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

東照宮とは1627年に建てられた、300年にわたる江戸の歴史を築いた徳川家康公(東照大権現)を神様としてお祀りする神社です。精細に造られた歴史的建築物を眺めながら参道を歩いていると、視線の先にはキラキラと輝く美しい建物が。日本の重要文化財となっている、ここ「上野東照宮」をお参りしてみましょう!

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

入り口の「大石鳥居」。こちらも国重要指定文化財となっています。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

 

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

真っ赤な門を通りながら、上を見上げると「東照宮」の文字が。柱にはお札や文字の彫り込みが施されていました。ひとつひとつ、よく観てみると面白いです。まさに装飾美!

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

参道には大名家から奉納された燈篭(あかりかご)が200基以上並んでいます。燈篭のひとつひとつは2mを超す高さなので、迫力満点です。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

参道の中心は神様の通る道です。左側を歩きましょう。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

右手には「寛永寺五重塔」が見えます。夕日に照らされた姿はまさに、「神々しい」という言葉がぴったりですね。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

お参りのまえには「手水」を忘れずに。神社や寺院では、手や口を水ですすいで、身体や心を清めるのが決まりです。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

狛犬が出迎えてくれました。狛犬とは、簡単に言うと「神社を守る神様」です。

上野恩寵公園は動物園や美術館などで賑わっていますが、こちらはひっそりとした雰囲気。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

徳川家の家紋。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

本堂は金箔をふんだんに使い、大変豪華であったことから「金色殿」とも呼ばれています。当時の幕府権力の象徴を感じとることができますね。

約300年という長きにわたる江戸時代を築いた「徳川の歴代将軍たち」が眠っていると言われています。本堂の目の前に来たとき、古くから人々に尊ばれてきた空気感を全身に感じました。足の先から全身に震えが走るほど、「金色殿」から発せられる荘厳な雰囲気に圧倒されます。

 

 

日本最大石灯籠(いしとうろう)「おばけ灯籠」

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

高さ6.8mと規格外の大きさのため「お化け灯籠」と呼ばれており、名古屋の熱田神宮の石灯籠、京都南禅寺の大石灯籠と合わせて日本三大石灯籠のひとつとされています。

しかし、「大石鳥居」の前にある広場の目立たないところにあるので、気づかない人も多いようです。東照宮にお立ち寄りの際には、ぜひ探してみてください!

春のぼたん祭・冬ぼたんを観に行こう

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

ぼたんの花は上流階級の象徴として「百花の王」と呼ばれており、苑内には約250品種3200株のぼたんが艶やかに咲き誇ります。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

春はぼたんや桜の名所として、また秋は紅葉狩り、お正月は初詣や冬ぼたんの鑑賞ができます。

1月〜2月中旬までは「冬ぼたん苑」のシーズンなので、いまが見頃ですよ!

雪が一面に敷き詰められた庭に、白やピンク、赤色のぼたんが寒さの中で力強く花を咲かせます。身を寄せ合っているようで、とっても可愛いですね。

 

季節限定の「ぼたんのお守り」がめちゃ可愛い

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

お参りを終えたらおみくじを引き、お守りを買ったりするのも楽しみのひとつです。

徳川家康を神様としてお祀りする神社「上野東照宮」

ぼたん苑が開園している季節限定で販売している「ぼたん守」は、とっても可愛いデザイン。(料金は500円)

お土産や記念として買って帰るのもおすすめです。白い上衣に緋袴(ひばかま)姿で、お守りなどを販売している巫女さん。「上野東照宮」は将軍のお膝元なだけあってか、巫女さんもとても可愛いかったです。「ぼたん守」よりも、です。男子諸君は必見でしょう!

東京都心にありながら江戸の佇まいを今に残すぼたん庭苑、幕府権力の象徴、煌びやかな「東照宮」を訪れてみては。

 

Information

上野東照宮


住所:東京都台東区上野公園9-88
最寄り駅:JR上野駅公園口 徒歩5分,京成電鉄京成上野駅池の端口 徒歩5分

「上野東照宮」
料金:境内入場や参拝は無料。
間近での拝観(神社・仏閣やその宝物などを謹んで観覧すること)は有料
大人500円、小学生200円、団体(20名以上)400円、ぼたん苑入苑券との共通券1000円

「ぼたん苑」
入苑料:大人600円、団体(20名以上)500円、神社拝観との共通券1000円、小学生以下無料
期間:平成26年(2014年)1月1日(水)〜2月23日(日)期間中休みなし
営業時間:午前9時30分〜午後4時30分(入苑締切)

電話番号:03-3822-3455(社務所),03-3822-3575(ぼたん苑)
公式ホームページ:http://www.uenotoshogu.com

著者

Takuro Komatsuzaki
茨城在住。『MATCHA』の編集をしています。

関連タグ

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して
日本の情報をチェックしよう。

関連記事

タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選
【KAMAKURA】浮世離れは鎌倉で!魅惑の竹寺「報国寺」
【KAMAKURA】浮世離れは鎌倉で!魅惑の竹寺「報国寺」
【SHITAMACHI】ちょっと寄ってく?鶯谷のラブホ街でランデヴー
【SHITAMACHI】ちょっと寄ってく?鶯谷のラブホ街でランデヴー