日本のことば事典 「お神輿(みこし)」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
日本のことば事典 「お神輿(みこし)」

日本のことば事典 「お神輿(みこし)」

日本のお祭りに参加すると、写真のような光景を目にすることが多いかと思います。これは「お神輿(みこし)」と呼ばれる道具で、中には神様が乗っていると考えられています。

日本の神様は本来、お住まいである神社の中にいらっしゃいます。そんな神様が神社の外に出るための道具が、お神輿なのです。そのためお神輿の形は、神社の建物とよく似たものになっています。

日本のことば事典 「お神輿(みこし)」

お神輿には細長い棒が4本、前後に突き出ています。これは人々がお神輿を担ぐための棒。お神輿の輿(こし)とは、昔の日本で使われていた、人が担いで動かす乗り物のことです。移動のためにたくさんの人の力が必要なため、主に身分の高い人が利用していました。お神輿は「輿」の面影を、今に残したものであると言えます。

お祭りの際には参加者(地元の人々)がこのようなお神輿を担いで、町内を歩き回ります。お神輿の担ぎ方や、担ぐときのかけ声は、お祭りや地域によってさまざまです。

お祭りでお神輿を見かけたら、迷惑にならない程度に観察してみてくださいね。

Author

Hiromasa Uematsu
MATCHAで編集やってます植松です。87世代。

関連タグ

Related Articles

福岡市内を観光するならコレ!オススメ移動手段4選+1
福岡市内を観光するならコレ!オススメ移動手段4選+1
【後編】藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット購入方法&周辺のスポット
【後編】藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット購入方法&周辺のスポット
お台場の開放的な景色を堪能!レインボーブリッジを徒歩で渡る方法
お台場の開放的な景色を堪能!レインボーブリッジを徒歩で渡る方法
フォアグラと蒲焼き!?春日の老舗「わたべ」の本格&革新鰻料理
フォアグラと蒲焼き!?春日の老舗「わたべ」の本格&革新鰻料理
目的地は京都駅?市内中心部?大阪から京都へのアクセス紹介
目的地は京都駅?市内中心部?大阪から京都へのアクセス紹介
日本初の世界遺産登録地「屋久島」へのアクセス方法
日本初の世界遺産登録地「屋久島」へのアクセス方法