日本のことば事典 「お好み焼き(関西風)」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
日本のことば事典 「お好み焼き(関西風)」

日本のことば事典 「お好み焼き(関西風)」

「お好み焼き」とは主に日本の西の地方で食べられてきた、小麦粉と具材を鉄板で焼いて作る料理です。現在では日本中で食べることができ、多くの場合、ヘラ(コテ)という大きな平たいスプーンのような道具を使って食べます。お皿に乗せて食べることもありますが、鉄板の上でそのまま食べることもあります。

日本のことば事典 「お好み焼き(関西風)」

「お好み焼き」とは主に日本の西の地方で食べられてきた、小麦粉と具材を混ぜ、鉄板で焼き上げる料理です。現在では日本中で食べることができ、多くの場合、ヘラ(コテ)という大きな平たいスプーンのような道具を使って食べます。お皿に乗せて食べることもありますが、鉄板の上でそのまま食べることもあります。

地方によって作り方も味も違います

「お好み焼き」という名前であっても、実は地方によって作り方や材料に違いがあります。とくに「大阪」と「広島」のお好み焼きが有名で、大阪の人と広島の人はそれぞれ「自分のところのお好み焼きが本物」と考えています。すくなくとも日本では、そのようなイメージを持たれています。

この記事では大阪のお好み焼きについて説明します。大阪のお好み焼きのことを、関西風(かんさいふう)お好み焼きと呼びます。

味もお店も外国人の方にオススメ

大阪のお好み焼きは、キャベツや卵、ヤマイモなどの具材を細かく刻み、お好み焼き用のダシ汁(おいしい味のついたスープに小麦粉を溶かしたもの)と混ぜ合わせて作ります。次に混ぜ合わさった具材に豚肉などを重ね、鉄板で両面よく焼きます。仕上げに味付けをすれば完成です。

味つけには専用のソースを使い、カツオの身を削った「カツオ節」、「青のり」という海藻の粉をふりかけます。マヨネーズを追加する場合もあります。

お店によっては目の前で調理する場面を見せてもらえ、外国人の方にとってはエンターテインメントとしても楽しめます。味つけが濃くて甘めであることなど、外国人の方が気に入るポイントをいくつも持った食べ物です。

ヘラを使った食べ方や、鉄板で焼く作り方に特徴があります。お店に行かれる前にMATCHAの以下の記事を見ていただけると、緊張することなくお好み焼きを食べることができるでしょう。

参考記事:お箸を使わずにチャレンジ! お好み焼き(関西風)の食べ方

Author

Hiromasa Uematsu
MATCHAで編集やってます植松です。87世代。

関連タグ

Related Articles

博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
博多駅から1駅!出来たてビールを試飲できる「アサヒビール博多工場」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
【浅草】飾る昆布!?新しい昆布の使い方を提案する「昆布の川ひと」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
動物性食材&砂糖不使用!ビュッフェ方式で食べる精進料理「かえもん浅草本店」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」
【大分】地元食材を温泉の湯気で蒸し上げる「地獄蒸し工房 鉄輪」
【福岡】あなたの五感を刺激するカフェ「manu coffee」大名店
【福岡】あなたの五感を刺激するカフェ「manu coffee」大名店
やかんで食べるうどん?博多あかちょこべの「ずぼらうどん」
やかんで食べるうどん?博多あかちょこべの「ずぼらうどん」