日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

「お味噌汁」とは「お味噌」という調味料を使って作る、日本独特のスープです。日本の食堂や海外の日本食レストランに行けば、必ずメニューの中にこの「お味噌汁」が入っているはずです。

日本人はよくお味噌汁のことを「お袋=母親の味」といいます。それほど身近な料理なのですね。

けれども日本以外の国でお味噌汁を作るのは、なかなか大変です。日本のように手軽に材料を手に入れることができませんし、おいしいお味噌汁を作る方法もわかりませんよね。

そんなときは、お湯を入れるだけで作れる「インスタント味噌汁」をオススメします。日本のコンビニやスーパーにはたいてい置いてある商品で、持ち運びも簡単だし、ある程度なら保存もできます。そんなおみやげにもピッタリの、インスタント味噌汁について本日は紹介します。

インスタント味噌汁の種類は大きく3つ

インスタント味噌汁は、その用途によって大きく3パターンに分けられます。

作るのも持ち運ぶのも簡単な「カップタイプ」、味噌の風味がたっぷり味わえる「袋タイプ」、そして長期保存にピッタリの「乾燥タイプ」です。

それぞれとてもおいしいお味噌汁であることは一緒ですが、作り方が違います。

①カップタイプ

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

最初から紙のカップに材料が入った、一番簡単に作れるタイプです。

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

カップの中を見てみると、このように小さな袋が2つ入っています。より小さな袋には、「調味みそ」と書かれています。味付け用の調味料です。やや大きめの袋には、「具」の文字が書いてありますね。こちらにお味噌汁の具材が入っています。

手順① カップの中に材料をすべて入れます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

まずは袋の中身をすべて、カップの中に入れてください。具材もお味噌も両方です。

手順② 沸騰したお湯をカップに注ぎます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

次によく沸騰したお湯を注ぎます。カップの中に細い線が入っています。これはお湯を入れる高さを示しています。カップのインスタントラーメンを想像していただけると、わかりやすいでしょう。

手順③ お湯をしっかりとかき混ぜます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

正しい高さまでお湯を入れたら、今度はお箸(またはスプーンやフォークなど)で、お湯をよくかけ混ぜてください。

お味噌がお湯に溶け、具材が水分を吸い、少しずつお湯がお味噌汁に変わってゆきます。カップの底にお味噌がたまってしまうことがあるので、下のほうまでよく混ぜましょう。

手順④ 完成!

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

中身が十分に混ざったら完成です。簡単でしたね!

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

具材のワカメ(海藻の一種)が、インスタントとは思えないほどツヤツヤとしています。

②袋タイプ

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

大きな袋に材料の小袋が詰められた「袋タイプ」。ひとつのパッケージに材料となる小袋がいくつも入っているので、一杯あたりの値段が抑えられることも魅力のひとつです。

またこちらのタイプは多くの場合、「豆腐」や「ワカメ」など複数の具材がひとつにパッケージされています。いろんなお味噌汁を食べてみたい方にもオススメです。

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

こちらの商品の場合、中にはこのような小袋が12食分入っています。左の3つが具材、右の細長い袋がお味噌です。カップタイプと同じように、「具材+お味噌」の組み合わせで調理します。

具材は袋の色が種類を示しており。左から「ネギ」「ワカメ」「豆腐」となっています。その日の気分で、食べたい具材を選んでください。

手順① 容器を用意し材料を投入します

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

カップタイプと違ってこちらには容器がついていません。スープ用のカップなど、自分の持っている容器を用意してください。

用意できたら、カップの中にお味噌とお好みの具材を投入します。お味噌は袋の中に残りやすいので、写真のようにていねいに絞ってください。

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

お味噌と具材を入れると、このようになっているはずです。

手順② 量に注意し、お湯を入れます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

カップタイプとの違いは、正しいお湯の量がわかりづらいところ。パッケージには「○○ml」と数値が書いてあります。そちらの数字を目安にするか、最初は少なめのお湯で作り、味見をしながら自分に合ったお湯の量を見つけてください。

手順③ しっかりかき混ぜる

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

お湯を入れたら、カップタイプと同じようによくかき混ぜます。

手順④ 完成!

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

これで完成! 袋タイプのインスタント味噌汁は、容器がついていないので荷物になりません。おみやげにもピッタリですね!

③乾燥タイプ

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方
日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

小さな袋に小分けされた、乾燥タイプのインスタント味噌汁。パッケージを開けると、このようにスナック菓子のような状態でお味噌と具材が塊(かたまり)になっています。

手順① 固まったお味噌と具材を容器に入れます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

袋タイプと同様に、自分の好みの容器に塊を入れてください。

手順② お湯を注ぎかき混ぜます

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

お湯を注いでかき混ぜるまでは、これまでと同じです。ただし乾燥タイプのインスタント味噌汁の場合、具材を溶かすというよりも、乾燥した具材にお湯を行き渡らせなければいけません。

急がずお湯が全体に染み込むのを待ってください。

手順③ 完成!

日本みやげにもぴったり! インスタントお味噌汁の作り方

具材がお湯を吸い、しっかりやわらかくなったら完成です。

乾燥タイプのよい所は、軽くて持ち運びに便利なこと、長期間の保存ができることです。訪日外国人の方が購入する場合、日本で食べたお味噌汁の味を、帰国しても長く楽しみたい。そんなときにはこちらのタイプがうってつけです。

手軽に日本の味を楽しむのか、おみやげとして購入するのか、自分用の帰国後のお楽しみとするのか。自分の目的に合わせて、ぴったりのインスタント味噌汁を選んでくださいね!

Author

Hiromasa Uematsu
MATCHAで編集やってます植松です。87世代。

関連タグ

Related Articles

最安値は⁉︎ 東京から長野への行き方まとめ
最安値は⁉︎ 東京から長野への行き方まとめ
【節約】旅人必見!Suicaを10円単位でチャージする方法
【節約】旅人必見!Suicaを10円単位でチャージする方法
【保存版】好みの日本酒・焼酎・ウイスキーの選び方
【保存版】好みの日本酒・焼酎・ウイスキーの選び方
【保存版】コンビニでのお酒の買い方・選び方
【保存版】コンビニでのお酒の買い方・選び方
東京から広島までの行き方を徹底比較。一番お得な行き方は?
東京から広島までの行き方を徹底比較。一番お得な行き方は?
最安値は⁉︎ 東京から横浜への行き方まとめ
最安値は⁉︎ 東京から横浜への行き方まとめ