いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

日本人なら正しく使えて当たり前のお箸。でも意外とその持ち方に自信のない方もいるのでは?今回は正しいお箸の持ち方と最低限のマナーを紹介します。

2015/06/05 Ai Yoneda

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

日本では食事の際に主にお箸を使います。2013年末に、和食がUNESCOの無形文化遺産に登録されたこともあり、日本食はさらに広く世界で受け入れられるようになりました。日本をまだ訪れたことのない人でも、日本食レストランでお箸を使った、あるいは見たことがあるのではないでしょうか?

フレンチ料理にテーブルマナーがあるように、お箸の使い方にもマナーがあります。でもお箸のマナーなんて、日本人の知り合いがいなければ、なかなか知る機会がありませんよね。

そこで今回は、日本食が好きなら最低限知っておきたいお箸の基本的なマナーについて紹介します。

正しくお箸を持てているか確認しよう

まず、正しいお箸の持ち方を確認しましょう。

正しい持ち方

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

上の箸は人差し指と中指で挟むように持ち、下の箸は親指の付け根と薬指で固定します。

間違った持ち方① にぎり箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

このような持ち方はNGです。

手を「グー」のようにして持つ形からこのように呼ばれています。箸使いに慣れていないとやってしまいがちですが、これは正しい持ち方ではありません。

間違った持ち方② クロス箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

真ん中でお箸がクロスする持ち方です。食べ物をつかめるので正しい持ち方にも見えますが、小さなものがつかみにくいといったデメリットがあります。

では、正しい箸の持ち方はどうすれば作れるのでしょうか?

お箸を正しく持つための手順

ここからは、正しくお箸を持つための手順を、段階に分けて説明します。

手順① ペンを持つようにお箸を握る

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

まず、一本の箸を、鉛筆やペンのように持ってください。先が長く出るように持ちましょう。

手順② 2本目のお箸を差し込む

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

次に二本目のお箸を、一本目のお箸と親指の付け根の間から通します。これが基本の持ち方です。

手順③ 完成

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

これで正しくお箸を持つことが出来ました。

上の箸は人差し指と中指で、下の箸は親指の付け根と薬指で固定します。下の箸は固定して動かさないようにし、上の箸だけを動かしてものを挟みます。

最初は違和感を感じるかもしれませんが、使っているうちにすぐに慣れてくるはずです。慣れるまではこのように、二本目の箸を後ろから通して持つのが確実ですが、慣れてきたら無意識に片手で正しい形を作ることができるようになります。

つかむ部分とお箸の先(細くなっている方)が近すぎると、食べ物と手の距離が短くなり、指先が触れてしまうことがあります。不衛生なこともあるので気をつけましょう。

お箸のマナーを知ろう

ここからは、お箸のマナーについて紹介します。一緒に食べている相手に不快な気持ちや不潔だという印象を与えないようにする。これがお箸のマナーにを考えるうえでのポイントです。それを踏まえて以下のマナーを紹介します。

刺し箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

槍のように、お箸で食べ物を刺す行為のことを言います。特に里芋のような丸くて挟みにくいものが出てくるとついついやってしまいたくなりますよね。

日本では食べ物をお箸で突き刺す行為は、あまり美しくないと考えられてきました。さらに、強く突き刺すと勢いが余って食べ物が皿の外へ飛び出してしまう可能性があります。食べ物がテーブルに触れるのは不衛生だ、という考えもあったようです。

寄せ箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

これは箸で器を引きずるように動かすことです。箸で器を引き寄せるのは楽ですが、料理に感謝の意味を込めて、器は手で引き寄せるようにしましょう。

渡し箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

皿や器の上にお箸を横にして置くことを渡し箸といいます。この行為は「食事終了」という意味をもちます。そのため食事の最中に渡し箸をすると、この料理は不味かったのかな、と相手に思わせてしまう可能性があります。

とはいえ飲食店によっては箸置きが用意されていない場合もあります。

参考記事:30秒でできる! 手作り「箸置き」でスマートな食事を

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

その場合は、このように箸先だけを皿に乗せ、傾けるように置きましょう。

ねぶり箸

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

大阪や京都のある関西地方では、なめることを、「ねぶる」と呼びます。つまりねぶり箸とは「お箸をなめること」です。これは、何も箸でつかんでいないのに箸を口でなめたり、箸に付いた食べ物を口で舐めとる行為です。

箸渡し

いまさら聞けない お箸の持ち方と基本的なマナー5つ

自分と相手が箸と箸で食べ物の受け渡しをすることをいいます。日本では火葬の後に死者の骨を拾います。そのとき専用のお箸を使って同じような作業をするため、食事の席では避けられています。

相手に食べ物を渡したい場合は、皿の端に食べ物を置き、それを相手に取ってもらうようにしましょう。

参考になりましたか?「郷に入っては郷に従え」ということわざがありますが、その国や地域のルールに従って食事をすると、より一層その国の雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

箸の使い方は、日本人でも最初は苦労するものです。少しずつでもお箸の使い方に気を遣ってもらえば、お互いに快適な和食体験ができることでしょう!

お箸のご購入はこちらからどうぞ!:りんごの木の丸箸&箸置き(二膳セット)

著者

Ai Yoneda
A Japanese girl who loves Japanese Rock music especially L'Arc-en-Ciel and VAMPS! L'Arc-en-Ciel、VAMPSをこよなく愛する20代です。全国どこでもライブを見に飛び回ってます。出身は山口県下関市です。 日本のロックミュージックと山口の知られていない魅力を中心に、様々な魅力を世界に発信していきたいと思います!

関連タグ

関連記事

地図より役立つ!ルミネ新宿各館の位置関係と行き方まとめ
地図より役立つ!ルミネ新宿各館の位置関係と行き方まとめ
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「風鈴」
日本のことば事典「風鈴」
日本のことば事典「灯籠流し」
日本のことば事典「灯籠流し」
日本のことば事典「本州」
日本のことば事典「本州」
日本のことば事典「そうめん・流しそうめん」
日本のことば事典「そうめん・流しそうめん」