京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

日本にはインターネットカフェの文化がありますが、一般的なカフェとは趣きが異なる、京風にアレンジされたネットカフェがあることをご存知でしょうか?秋葉原にある「和(なごみ)style.cafe」です。

2015/05/04 Kazuyuki Sato

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

日本にはインターネットカフェ(ネットカフェ、ネカフェ)の文化がありますが、一般的なカフェとは趣きが異なる、京風にアレンジされたネットカフェがあることをご存知でしょうか?

秋葉原エリアにあるアクセスが便利なネットカフェ

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

そのカフェの名は「和(なごみ)style.cafe」。秋葉原エリアに位置し、JR秋葉原駅からは徒歩7分、地下鉄の末広町(すえひろちょう)駅からは徒歩1分もかからない好立地にあります。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

「和(なごみ)style」という名前だけあって、店内は入り口から既に日本風の様式が強調されています!

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

お店は地下にあるので、石で造られた階段を下りて入り口へと進みましょう。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

ほら、まるでインターネットカフェとは思えない店内。京都の旅館をイメージされているそうで、とても趣きのある雰囲気になっています。

もちろんネットカフェとしての設備は十分

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

ここではブース席や個室でインターネットができるのは勿論のこと、マンガ書籍も充実しています(ただし日本語のみ)。そしてオタクの街だけあって、所蔵している漫画はなんと2万冊以上

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

特設コーナーに毎月発売される新刊のマンガが置かれています。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

『ジャンプ』や『サンデー』などを始めとするマンガ雑誌も取り揃えてあります。メジャーな雑誌だけでなく「アキバ系」というコアなジャンルものまで。ここでは新しい作品との出会いがあるかも。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

話題の作品はコーナーになってまとめられています。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

ドリンクバーが設置されておりソフトドリンクが飲み放題になっています。特にこのお店はドリンクの種類が豊富。

日本のネットカフェの事情については、過去の記事にて詳しく解説しているのでそちらもご覧になってみてください。
一度使えばやみつき!「ネットカフェ」ってどんなところ?

和室でくつろぐことができるカフェ

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

このネットカフェでは京風を全面に押し出しているだけあって、多く部屋が「和室」になっています。つまり床が畳になっているのです

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

個室(ラグジュアリールーム)だとこんな感じで、広い空間でゆっくりとくつろぐことができます。ただし一人では利用できないので、2-3人で利用しましょう。個室ならディスプレイも一緒に共有できちゃいます。

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

もちろん個室だけでなく、個別のブースも和室仕様。履物を脱いで、リラックスした状態でネットサーフィンやマンガを読むことができますね。

このカフェに来たなら体験してみて欲しいこと

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

このお店にいる和服を着た店員さんは、実はアイドルグループの「和茶屋娘(なごみちゃやむすめ)」でもあります。お店の入り口には彼女たちの楽曲CDやグッズが販売されているので、もしこのカフェのコンセプトが気に入ったのなら、ぜひチェックしてみては?

京風のインターネットカフェ「和style.cafe」で漫喫文化を体験する @秋葉原

そして同様に入り口には、日本の伝統的で安価なスナック「駄菓子(だがし)」が販売されているので、気になるものがあればトライしてみることも合わせてお勧めします。

その他にもシャワールームがあったり、お金を一時的に支払うことで荷物を置いて、外に出て秋葉原を回ることも可能なので、「日本に着いたからには、ホテルより先に秋葉原に行きたい!!」という時にこのカフェを利用するのも良いのではないでしょうか。

和風の雰囲気を感じつつ、ネットカフェの文化も感じることができる、そんな面白いネットカフェ「和style.cafe」ぜひ秋葉原に来た時は訪れてみてください。

Information

和style.cafe

住所:東京都千代田区外神田6-14-2サカイ末広ビル地下1階
営業時間:24時間営業 年中無休
電話番号:03-5812-9753
クレジットカード対応:有
平均予算:1時間あたり500円ほど
最寄り駅:東京メトロ銀座線「末広町駅」
アクセス:JR「秋葉原駅」電気街口より徒歩約7分、東京メトロ銀座線「末広町駅」徒歩30秒
公式HP(英語):http://nagomi-cafe.com/?page_id=32
公式HP(日本語):http://nagomi-cafe.com/

facebook: https://www.facebook.com/nagomicafe

Author

Kazuyuki Sato
オタクというよりは、オタク文化がどういう風に世界に広がっているのか観察するのが好きな「オタク文化フリーク」です。銭湯とコーヒー、東京が大好き。

関連タグ

Related Articles

【後編】藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット購入方法&周辺のスポット
【後編】藤子・F・不二雄ミュージアムのチケット購入方法&周辺のスポット
【前編】『ドラえもん』の世界へ!!川崎「藤子・F・不二雄ミュージアム」
【前編】『ドラえもん』の世界へ!!川崎「藤子・F・不二雄ミュージアム」
あの映画のロケ地にも!佐世保の海に浮かぶ「九十九島」の絶景
あの映画のロケ地にも!佐世保の海に浮かぶ「九十九島」の絶景
大分の小京都、日田市豆田町の街並みを歩く旅
大分の小京都、日田市豆田町の街並みを歩く旅
お散歩にぴったり。アニメの聖地にある神社「神田明神」の魅力
お散歩にぴったり。アニメの聖地にある神社「神田明神」の魅力
【震災復興レポート】美しい田園風景が広がる温泉地・大分県由布院
【震災復興レポート】美しい田園風景が広がる温泉地・大分県由布院