いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

ガスや電気が使われるまで、日本では主にロウソクや油の火を照明として利用していました。そのとき使われていたのが、灯籠(とうろう)・行燈(あんどん)・提灯(ちょうちん)などの照明器具です。

ガスや電気が使われるまで、日本では主にロウソクや油の火を照明として利用していました。そのとき使われていたのが、灯籠(とうろう)・行燈(あんどん)・提灯(ちょうちん)などの照明器具です。

外国人の方が夜景を見て「あ、日本的だな」と思うのは、現代のネオンサインを別にすれば、これら照明器具の影響であることが多いようです。今回は外国人の方には見分けづらい、日本伝統の照明器具の違いについて紹介します。

灯籠(とうろう)とは

いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

灯籠は主に外で使用された、いまでいう街灯です。灯籠とは「灯り」の「カゴ」という意味で、その名のとおりロウソクの火が風で消えないよう、周囲を囲った道具です。素材は木や金属などさまざまですか、石で作られたものはとくに石灯籠と呼ばれます。石灯籠はお寺によく設置されているので、観光の際も目にすることが多いでしょう。

 

行燈(あんどん)とは

室外に設置される灯籠に対し、主に室内で使用されていたのが行燈です。ロウソクや、油に浸した布に火をつけて利用しました。室内で利用しますので軽い木製のものが多く、さらに火の回りは風よけの紙で覆われていました。枕元に置いておけるほど小さな行燈を、とくに有明行燈と呼びます。
いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

Photo by (c)Tomo.Yun

提灯(ちょうちん)とは

いまさら聞けない「灯籠」「行燈」「提灯」の違い

行燈と同じように紙で覆われているものの、持ち運びできるよう進化したのが提灯です。やはり軽くて、さらに持ち手がついています。持ち運びが簡単なように、使わないときは折りたたんでおくことができました。現在では日本風の酒場「居酒屋」の入り口にぶら下げられていることが多いです。そこから日本では居酒屋のことを「赤提灯」と呼ぶことがあります。

現在では少なくなってしまったこれらの照明器具ですが、観光地や日本的な施設に行けばまだまだ見つけることができます。日本にお越しの際は、ぜひ探してみてください。夜の街歩きに、またひとつ別の楽しみを加えることができるはずです。

著者

Hiromasa Uematsu
MATCHAで編集やってます植松です。87世代。

関連タグ

関連記事

日本のことば事典「たい焼き・今川焼き」
日本のことば事典「たい焼き・今川焼き」
日本のことば事典「動物カフェ」
日本のことば事典「動物カフェ」
日本の伝統武道を体験!「SAMURAI TRIP」の剣道教室
日本の伝統武道を体験!「SAMURAI TRIP」の剣道教室
地図より役立つ!ルミネ新宿各館の位置関係と行き方まとめ
地図より役立つ!ルミネ新宿各館の位置関係と行き方まとめ
日本のことば事典「冷やし中華」
日本のことば事典「冷やし中華」
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「ビアガーデン」