ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

2015/05/29 MATCHA-PR

「日本の夏」と言われても実際に行ったことない人にとってみればよく分からないもの。

日本において、夏は5月の下旬〜9月の上旬ぐらいまでの季節のことを指します。多くの地域が温帯に属する日本の「夏」は、ただ暑いというわけではありません。独特な暑さから引き起される症状もあり、渡航される場合はその「暑さ」を理解しておくことが大事です。

この記事では、日本の夏とその時期に特に気をつけておきたい症状をお伝えします。

日本の夏は「梅雨」から始まる

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

「夏」が始まる6月の始めごろは「梅雨」と呼ばれる4週間ほどの雨季の期間です(北海道を除く)。海洋性気候のため、湿度がとても高くジメジメした気候です。気温は25度前後で暑いというわけではありませんが、湿度の高さに酷い時は気持ち悪くなることも。

この梅雨は農家にとってはとても重要で、稲作に恵みをもたらします。梅雨が日本の食文化を支えていると言っても良いでしょう。

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

この時期には雨が多く降るため、一気に気温が下がることもあり、カーディガン等の羽織るものを持って行くと良いです。

梅雨が明けると一気に暑くなる

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

梅雨が過ぎて、7月を迎えると日本は急激に暑くなり、湿度も安定的に高くなります。このことを「梅雨明け」と呼び、多くの日本人は海やプールで水遊びをして楽しんだり、山間地域の涼しい地域でリラックスしたりします。この7月〜8月までの間はとても暑いため半袖で過ごされる方が多いです。

しかし、急激に暑さを迎えるこの時期から気をつけておきたいのが、「熱中症(ねっちゅうしょう)」です。

熱中症とは?

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

「熱中症」は多くの人々にとって聞き慣れない言葉だと思いますが、日本の代表的な気象病です。

熱中症は、気温が高いことなどが原因で、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体の調整をする機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。

症状としては、めまいや吐き気・立ちくらみ・頭痛などがあります。ひどいときは意識を失ったり、死亡に至ったりすることもあります。日本では、高齢者を中心に多い年は1,000人以上の死者が出ていることも。

熱中症を注意するポイントは?

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

熱中症は、夏の日射しが強く照りつけるの下で激しい運動や活動を行う時には最も注意が必要です。また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも熱中症を引き起こす場合があります。

例えば、多くの人が集まるイベントや観光地などは、屋内でも屋外でもとても危険なのです。さらに、暑さに慣れていない人は、身体がうまく暑さに対応できず危険度が増してしまいます。

日本の独特な夏の暑さに慣れていない海外からの旅行者にとって、「熱中症」は本当に気をつけておきたい症状なのです。

熱中症にならないためには?

まず暑さを避けること

ただ暑いというわけではない「日本の夏」と気をつけておきたい熱中症

「暑くてちょっと疲れた…」と思ったら、日光の当たらない涼める場所に移動してこまめな休憩をとることが大事です。

室内であれば、扇風機やエアコンで室内の温度を調整しましょう。

外に出かける場合は、帽子を被ったり、できるだけ日陰を歩いたりすることで直射日光から身を守りましょう。からだの蓄熱を避けるために通気性のよい衣類を着用するのも良い手段です。

こまめに水分を補給すること

汗をかいて体内の水分を失った時に、十分に水分がとれていないと脱水症状になり、頭痛や悪心・嘔吐、全身倦怠感の原因になります。そうならないために室内でも、外出時でも、あるいは喉の渇きを感じていなくても、こまめに水分を摂ることが大事です。

しかし一度に大量の水を摂取すると、体内の電解質バランスを崩してしまう原因になります。その結果かえって気持ち悪さを感じてしまうことも。水分を補給する際は、スポーツドリンクなどで汗で失われる塩分(ナトリウム)もきちんと補給しましょう。

日本の夏の過ごすために

この記事では「熱中症」をご紹介しましたが、日本の気候を事前に理解し、自己管理をしっかりとしていれば問題はありません。しかし旅行で異国に滞在している時は、限られた時間の中で買い物や観光をしようとして、どうしても頑張ってしまうもの。

万が一、体調が悪くなったらお近くの人に助けを求めるなど、自己の体調を優先しましょう。それでは楽しいご旅行を!

 

【映像】渋谷ハチ公前での声かけ強化アクション

 

Author

MATCHA-PR
MATCHAの企業・自治体広告に関するプロモーションアカウントです。読者のみなさまに有益な情報を、楽しくお届けします。

関連タグ

Related Articles

手作りだから伝わる温もり。手ぬぐい専門店「かまわぬ浅草店」
手作りだから伝わる温もり。手ぬぐい専門店「かまわぬ浅草店」
奄美大島に行ったら絶対に見て・触れて・体験して欲しい5つのこと
奄美大島に行ったら絶対に見て・触れて・体験して欲しい5つのこと
奄美大島の伝統工芸!着物の宝石と評される「大島紬」の魅力
奄美大島の伝統工芸!着物の宝石と評される「大島紬」の魅力
泥に入れて黒く染める! 奄美大島の伝統工芸「泥染め」の魅力
泥に入れて黒く染める! 奄美大島の伝統工芸「泥染め」の魅力
【世界遺産】ストリートビューで島根県「石見銀山」を探検!
【世界遺産】ストリートビューで島根県「石見銀山」を探検!
使い込むほどに増す、味のある風合い。「日乃本帆布 浅草店」の帆布バッグ
使い込むほどに増す、味のある風合い。「日乃本帆布 浅草店」の帆布バッグ