今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

2015/03/18 FukuiTakao

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

世界遺産に登録された「古都奈良の文化財」の一つ、春日大社。そこで現在行われている特別な行事が、「式年造替」(しきねんぞうたい)です。20年に一度と言われても、一体何が?という方も多いかもしれません。

「式年造替」とは

「式年」というのは「定まった一定の年限」、「造替」というのは「社殿を造り替える」という意味。神さまが、およそ20年に一度、普段お住まいの家(御本殿)から仮住まいの家(御仮殿)にお移りになり、その間に本殿の建て替え、あるいは修復を行います。

西暦768年の創建以来1200年にわたって、20年に一度行われてきた春日大社の「式年造替」。60回目を迎えた今回は、御本殿から御仮殿に遷りになるのが3月27日。その後、御本殿にお還りになるのが来年2016年11月6日と定められています。

今だけ、普段は入れない禁足地へ

昨年の9月から行われている「本殿特別参拝」。通常は立ち入ることのできない順路を回ることができる貴重な機会です。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

春日大社の表玄関、一之鳥居

近鉄奈良駅から、参道の始まりとなる一之鳥居までは、歩いておよそ10分。ここから本殿にほど近い「二之鳥居」まではおよそ1.2km、歩いて15分ほどの道のりです。参道にずらりと並んだ石燈籠は圧巻。荘厳な雰囲気の中、歩みを進めます。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

参拝所へは南門から

二之鳥居を過ぎると、いよいよ特別参拝が行われているご本殿へ。南門から入ります。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

南門入って右手すぐの御本殿特別参拝受付のようす

南門を入って右手すぐのところに特別参拝受付があり、ここで拝観料500円を払います。窓口には英語による解説の入ったリーフレットもあります。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

東回廊外に設けられた御蓋山浮雲峰遥拝所

神さまのいらっしゃる場所として、現在も立ち入りが厳しく制限されている禁足地の御蓋山浮雲峰遥拝所(みかさやま うきぐものみね ようはいじょ)で、特別に参拝することができます。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

約140年ぶりに開門した後殿御門

これまで長らく閉ざされていた、本殿真後ろにある後殿御門。今回の特別参拝で、およそ140年ぶりに開門しています。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

幻想的な、藤浪之屋の燈籠

重要文化財の建造物「藤浪之屋」では、燈籠が醸し出す幽玄の美を体感することができます。

参拝時のマナー

あくまで神さまのいらっしゃる所にお邪魔するわけですから、むやみに座り込んだり、立ち入り禁止のところに足を踏み入れないようにしましょう。
また、写真の撮影にも注意が必要です。本殿などを正面から撮影することは神さまに対して失礼にあたるので厳禁です。また、境内ではたらく巫女さんも、春日大社では撮影が禁止されていますのでご注意ください。

今だけの春日大社、もっとディープに

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

外国人観光客向け音声ガイドアプリ実証実験の案内

二之鳥居前には、外国人観光客向け奈良県公式音声ガイドアプリ「Nara Audio Guide」の実証実験の窓口があります(3月末まで)。英語・中国語・韓国語に対応しており、端末のレンタルもあり。アプリのアドレスはこちら。各国語で春日大社をはじめとした奈良の詳しい情報を知ることができます。

今だけ!春日大社 20年に一度の「式年造替」で、140年ぶりの特別参拝を

春日大社第六十次式年造替記念のマスコット、白い鹿の「すがちゃん」

こちらは春日大社第六十次式年造替記念のマスコット「すがちゃん」。境内の公式記念品特設売場などで購入することができます。

今月1日の木作始式(こづくりはじめしき)で幕を開けた「式年造替」は、2016年11月6日に神さまが御本殿にお還りになる本殿遷座祭の前後まで、今回の「御本殿特別参拝」をはじめ、さまざまな儀式が予定されています。

ぜひこの機会に、千年以上にわたって日本の人々の信仰を集めてきた春日大社を訪れてみてはいかがでしょうか。

Information

春日大社


住所:奈良県奈良市春日野町160
電話:0742-22-7788
開門時間:夏期(4月-9月)午前6時-午後6時、冬期(10月-3月)午前6時30分-午後5時 *御本殿特別参拝は午前9時-午後4時
定休日:なし *本殿特別参拝は2015年3月20日まで
拝観料:無料 *本殿特別参拝は500円
多言語対応:英語のリーフレット有り
最寄り駅:近鉄奈良駅
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩で約25分。バスの場合は、近鉄奈良駅、JR奈良駅から奈良交通バス、春日大社本殿行「春日大社本殿」下車すぐ。又は、市内循環(外回り)「春日大社表参道」下車、徒歩約10分
公式HP:春日大社公式サイト(英語あり)

なお、2015年4月1日からは、国宝御本殿特別公開が行われ、御本殿磐座(ごほんでん いわくら)が初公開となります。

期間:2015年4月1日(水)~5月31日(日)
時間:午前8時30分~午後4時45分
拝観料:1,000円 *式年造替特別記念品付

二十年に一度に限り、普段は足を踏み入れられない特別な場所から御本殿を間近で拝観できます。今回初めて御本殿に祀られている神秘の石「磐座」が公開となります。

御本殿とともに、御仮殿へも参拝することができます。 *神事等により参拝できない時があります

著者

バスケットボール、自転車、冒険、スヌーカー、旧車をこよなく愛する奈良県在住の40歳。

関連タグ

関連記事

日本の伝統武道を体験!「SAMURAI TRIP」の剣道教室
日本の伝統武道を体験!「SAMURAI TRIP」の剣道教室
【海の京都】天橋立だけじゃない!地元の方に聞いた宮津市の5つの楽しみ方(後編)
【海の京都】天橋立だけじゃない!地元の方に聞いた宮津市の5つの楽しみ方(後編)
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「風鈴」
日本のことば事典「風鈴」
【おみやげ】見る人を笑顔にさせる文房具、イワコーの「おもしろ消しゴム」
【おみやげ】見る人を笑顔にさせる文房具、イワコーの「おもしろ消しゴム」
変わらないものの美しさ。大分県「小鹿田焼」
変わらないものの美しさ。大分県「小鹿田焼」