和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

和倉温泉に来たら、温泉卵を作ることをオススメします。生卵を源泉に浸し数分待つと出来上がるのが温泉卵です。日本各地に温泉はありますが、その土地の泉質によって、全く味わいの異なる温泉卵が出来上がります。和倉温泉で卵を浸すと、和倉温泉でしか味わえない温泉卵に仕上がるのです。

2015/03/14 Ito Kentaro

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

和倉温泉に来たら、温泉卵を作ることをオススメします。生卵を源泉に浸し数分待つと出来上がるのが温泉卵です。日本各地に温泉はありますが、その土地の泉質によって、全く味わいの異なる温泉卵が出来上がります。和倉温泉で卵を浸すと、和倉温泉でしか味わえない温泉卵に仕上がるのです。

1.生卵を買う

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

用意するのはごく普通の生卵。特別な卵である必要はありません。食料品店はもちろん、場所によってはお土産屋さんで生卵を売っていることもあります。

2.源泉を見つける

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

温泉卵作りには高い温度の温泉が不可欠。源泉の温度が低い温泉や、人が入る温泉は温泉卵作りには向いてません。温泉地によっては、温泉卵を作るための場を設けている所もあります。和倉温泉では町中数カ所で温泉卵を作れるスポットを見つけられるでしょう。例えば総湯の敷地内や中心地の広場、旅館の中に温泉卵用の源泉が設けられていることも。目印になるのは、「ざる」です。

参考記事:440円で温泉に浸かる。源泉100%のモダンな日帰り温泉施設「和倉温泉総湯」

3.卵を浸す

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

源泉を見つけたら卵を浸します。ネットに入った状態で売られている場合はそのまま浸してもよし。ざるに入れて浸すと取り出すのも楽です。既に他の人の卵が入っている場合は、順番を待ちましょう。周りに人がいないからといって、自由に食べていいわけではありません。浸す際には時計を用意します。そのお湯の温度によって時間は様々。ここ和倉温泉では15分~20分が目安です。

4.出来上がりを待つ

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

温泉卵作りの醍醐味は、出来上がりを待つ時間。まだかまだかと待っている時間はとても長く感じます。和倉温泉では温泉卵を作れるスポットの近くに足湯や手湯があるので、足や手を浸してのんびり待ちましょう。

参考記事:

5.卵を取り出す

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

卵がゆで上がる時間になったら、そっと卵を取り出します。熱いので気をつけてください。時間が短すぎると柔らかく、長過ぎると固い温泉卵になってしまいます。この取り出しのタイミングはとても重要です。より生に近い状態が好きな方は15分くらい、中まで火を通したい方は20分間を目安にすると良いでしょう。

6.食べる

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

待ちに待った温泉卵を食べる時がきました。和倉温泉のお湯には塩分が含まれており、出来上がった温泉卵にも塩味がついているので、そのままでもおいしく食べられます。泉質によって、また少し味が薄いと感じた場合はお好みで塩をふりましょう。剥いた殻はその辺に捨てず、ビニール袋などに入れてゴミ箱に捨てましょう。

おいしく食べるためのヒント

そのままでも十分おいしい温泉卵ですが、和倉温泉ならではの、おいしく食べるヒントをご紹介します。

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

和倉温泉の近くには、珠洲(すず)と呼ばれるおいしい塩の産地があります。不思議なことに、温泉卵はその土地でできた塩との相性が抜群なのです。

和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

街の中心部のお土産屋さんには、周辺でとれた塩をお土産として売っているところもあるので、作った温泉卵に是非ふりかけて食べてみて下さい。使い切らない分の塩はそのままお土産に。和倉温泉を訪れた際には、ぜひ味わってみてください。

和倉温泉全般に関するお問い合わせは和倉温泉観光協会

住所:石川県七尾市和倉町2-13-1
電話:0767-62-1555
メール:info@wakura.jp
営業時間:8:30〜17:30
定休日:年中無休

その他の和倉温泉特集記事はこちら
和倉には和倉の温泉卵。そこでしか味わえない、「温泉卵」の作り方

Author

Ito Kentaro
93年生まれのWEB編集者・ディレクター。ヨソモノだから気付く地域の良さを発掘したい。鳥肌を信じて”いいとこ”探し中。

関連タグ

Related Articles

本場の職人に直接教えてもらえる!西新井の魚がし寿司でお寿司ワークショップ
本場の職人に直接教えてもらえる!西新井の魚がし寿司でお寿司ワークショップ
動物性食材不使用のラーメン!?六本木のヴィーガン料理店「Cafe the 6BT」
動物性食材不使用のラーメン!?六本木のヴィーガン料理店「Cafe the 6BT」
【福岡】博多で日本文化に触れる、オススメ観光プラン
【福岡】博多で日本文化に触れる、オススメ観光プラン
日本のことば事典「おでん」
日本のことば事典「おでん」
南の島気分を満喫! 新宿から約10分の「沖縄タウン」杉並和泉商店街
南の島気分を満喫! 新宿から約10分の「沖縄タウン」杉並和泉商店街
旅行者に自分のオススメの飲食店を紹介するサービス「Rotip」
旅行者に自分のオススメの飲食店を紹介するサービス「Rotip」