「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能! | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

石川県七尾市和倉は、温泉地としてだけでなく、石川県内でも魚介がおいしいと有名です。その理由は、海と森に囲まれた豊かな環境、独特な形状をした七尾湾にプランクトンが集まり、よい魚が獲れるためだと言われています。この地域が生み出す海の幸を気軽に味わいたいのなら、オススメはなんといってもお寿司です。

2015/03/14 Kana Shm

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

石川県七尾市和倉は、温泉地としてだけでなく、石川県内でも魚介がおいしいと有名です。その理由は、海と森に囲まれた豊かな環境、独特な形状をした七尾湾にプランクトンが集まり、よい魚が獲れるためだと言われています。この地域が生み出す海の幸を気軽に味わいたいのなら、オススメはなんといってもお寿司です。

米や醤油も地元産にこだわる寿司屋で、能登の魚をリーズナブルに堪能!

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

「和倉温泉総湯」からも近い、和倉の飲食店が集まる弁天崎通り。2011年に整備された弁天崎通りには、昭和42年創業の寿司屋「蛇之目寿司」があります。

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

世界各国から旅行者が訪れるため、ご主人も最近では英語でネタを紹介することが少しずつできるようになったといいます。

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

能登の魚をおいしく食べさせることにこだわるご主人は、醤油や米も地元産のものを厳選しています。醤油は七尾の「櫻井醤油味噌製造元」に特注したもの。能登産の魚の魅力を引き出すために、普通の醤油よりも深みとコクがあるのが特徴です。米は契約農家が作る「のとコシヒカリ」を使用。コシヒカリは粘り気が強い米ですが、米粒を立たせる必要のある寿司で使うために粘り気の少ないものを専用の土壌で作ってもらっているそうです。

旅行者におすすめ!能登の魚を堪能できるメニュー

能登産の魚を手軽に堪能できるメニューは以下の3つです。

「能登づくし」2,200円

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

時々の旬の魚を使った寿司10貫が並びます(ネタのは季節によって異なります。)写真は2月取材時に撮影したもの。奥は左から、カジキマグロ、イカ、赤西貝、ブリ、カニ、手前は左から梅貝、甘エビ、ヒラメ、アジ、カキです。

「上にぎり」2,500円

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

寿司ネタの王道を食べたい方には、「上握り」(2,500円)がオススメ。写真は、左奥から時計回りに、赤西貝、ヒラメ、カニ、サザエ、甘エビ、トロ、中央はウニ、イクラです。

冬にはサバのバッテラ、夏には赤西貝も注文しよう

訪れる時期によって旬の魚は異なるもの。冬と夏の時期のオススメをぞれぞれ1種類ずつ紹介します。

「サバのバッテラ(5貫)」(1,200円)

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

冬に和倉温泉を訪れるのなら、脂がのって分厚い「サバのバッテラ(5貫)」(1,200円)をぜひ注文しましょう。バッテラとは、酢でしめたサバの上に薄い昆布をのせた押し寿司のこと。蛇の目寿司では、地元産のサバと七尾に店を構える「しら井」の薄板昆布を使っています。昆布はその薄さのため主張しすぎず、上品な味わいをサバに添えています。

「赤西貝(1貫)」350円

「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

夏に和倉温泉を訪れたのなら、七尾湾周辺で獲れる巻貝である赤西貝の寿司を注文しましょう。産地だからこそ、コリコリとした食感と甘味のある味を味わうことができます。6〜8月が旬です。

ほかにも能登でしか食べられない魚介類はさまざま。ぜひ足を運んで自分の舌でそのおいしさを発見しましょう。

Information

蛇之目寿司


住所:石川県七尾市和倉町ワ20-7
営業時間:11:00-14:30、17:00-23:00(L.O.)売切れ次第終了
定休日:不定休
Wi-Fi環境:無
クレジットカードの有無と種類:Visa, Master, American Express
言語対応レベル:簡単な英語
他言語メニューの有無:無
最寄り駅:JR七尾線「和倉温泉駅」
アクセス:JR七尾線「和倉温泉駅」から七尾バス和倉温泉行きで約5分、終点下車徒歩2分
価格帯:1200円~(記事中の価格は全て税抜)
電話番号:0767-62-2411
公式HP:蛇之目寿司

和倉温泉全般に関するお問い合わせは和倉温泉観光協会

住所:石川県七尾市和倉町2-13-1
電話:0767-62-1555
メール:info@wakura.jp
営業時間:8:30〜17:30
定休日:年中無休

その他の和倉温泉特集記事はこちら
「蛇之目寿司」能登半島の豊かな海の幸をリーズナブルなお寿司で堪能!

著者

Kana Shm
Magazine addiction, travel lover and city explorer, aka an editor in Japan

関連タグ

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して
日本の情報をチェックしよう。

関連記事

ホワイトデーのお返しにも!MATCHA厳選の抹茶のお菓子20選
ホワイトデーのお返しにも!MATCHA厳選の抹茶のお菓子20選
昔ながらの大衆酒場「浅草ホッピー通り」でほろ酔い気分
昔ながらの大衆酒場「浅草ホッピー通り」でほろ酔い気分
売り切れ必至!山手線圏内で食べられる東京三大豆大福
売り切れ必至!山手線圏内で食べられる東京三大豆大福
もう迷わない!世界の人が喜ぶニッポンのお土産6選
もう迷わない!世界の人が喜ぶニッポンのお土産6選
今熱い注目を集める、六本木のかき氷専門店「yelo」で一年中かき氷に舌鼓
今熱い注目を集める、六本木のかき氷専門店「yelo」で一年中かき氷に舌鼓
アメ村の集合場所「三角公園」で、たこ焼きを食べ比べながらビールを満喫!
アメ村の集合場所「三角公園」で、たこ焼きを食べ比べながらビールを満喫!
ラーメンとは似て非なるもの?つけ麺の美味しい食べ方
ラーメンとは似て非なるもの?つけ麺の美味しい食べ方
ウラなんばの最古参「レジャービル味園」の2階で、怪しげなバーをはしご
ウラなんばの最古参「レジャービル味園」の2階で、怪しげなバーをはしご
【KAMAKURA】〜夜の鎌倉〜昼間は見られない、鎌倉の素顔
【KAMAKURA】〜夜の鎌倉〜昼間は見られない、鎌倉の素顔