【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

日本に数ある神社の中でも、人々の特別な想いが集まる神社があります。兵庫にある西宮神社もその一つです。えびす様を御祭神としているため、商売繁盛を祈願する人々が全国から集まります。日本にはえびす様を祀る神社が約3,500社ありますが、中でも島根・美保神社、京都・京都えびす神社、兵庫・西宮神社は「日本三大えびす神社」と呼ばれています。

2015/01/04 NakanoArito

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

多くの日本人がお正月に初詣に行きます。地元の神社や帰省先の神社へ足を運びます。新年の抱負やそれぞれの願いを胸に両手をあわせ、そっと目をつむります。

【お正月】初詣 -今年もいい1年になりますように-

日本に数ある神社の中でも、人々の特別な想いが集まる神社があります。兵庫県にある西宮神社もそのような神社の一つです。

福を呼び込む、特別な神社

西宮神社は繁栄や幸福に御利益があるえびす様を御祭神としているため、商売繁盛を祈願する人々が日本全国から集まります。その歴史は平安時代以前までさかのぼり、福を呼び込む神社として古代から多くの人々に愛され続けてきました。

日本にはえびす様を御祭神とする神社が3,500社ほどあります。その中でも島根・美保神社、京都・京都えびす神社、兵庫・西宮神社は「日本三大えびす神社」と呼ばれ、多くの人を惹き付けます。

えびす神社の総本社

実はえびす様と呼ばれている神様には2種類あることをご存じでしょうか。事代主(ことしろぬし)と蛭子神(ひるこがみ)という2柱の神様です。

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

日本の神話によれば、蛭子神は日本の神々を生んだイザナミとイザナギから生まれました。ヒルコ(=蛭子神)は3歳になっても立つことができなかったので、海へ流されてしまいました。流れ着いた場所で拾われたヒルコは、えびす様として祭られることになりました。これがえびす信仰の始まりだと言われています。

西宮神社は、この蛭子神系えびす神社の総本社とされています。

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

西宮神社の「荒御魂」

西宮神社には、えびす様の「和御魂」(にぎみたま)と「荒御魂」(あらみたま)があります。「和御魂」は神様の穏やかな部分を現します。本殿に祭られていることが多いものが「和御魂」です。「荒御魂」は神様の荒ぶる部分を現しています。大きな神社には必ずこの2つの「御魂」が祭られています。神社へ出かけた際には「和御魂」と「荒御魂」両方に参拝するのがベストの参拝方法です。

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

通りの名前に「えべっさん(=えびすさん)」がつくほど、えびす様は愛されています。

西日本独自の初詣文化、「十日えびす」

えびす信仰において重要なのが「十日えびす」です。これは毎年1月10日前後に行われるえびす神社最大のイベントです。主に関西を中心とする西日本ではごく一般的なイベントで、商売繁盛を願う人々がえびす神社へ参拝し、初詣と同じくらいの人で賑わいます。
【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

初詣でたくさんお賽銭が集まる神社に少しでもあやかり、自分自身の繁栄を願おうと、多くの人が訪れるのだそうです。「十日えびす」の際には、縁起物として「福笹」が頒布されます。笹はいつも青々と茂り、強くしなりがあって真っ直ぐ育つことから商売繁盛や一族繁栄の意味を持つそうです。この笹に「吉兆」と呼ばれる縁起が良い飾りを付けたものが「福笹」です。「福笹」を自宅に持ち帰ることで神様からの御利益、つまり御神徳を授けられたことになります。「十日えびす」が盛んな関西地方では、毎年この1月10日前後になると「福笹」を持った人たちの姿を電車の中や街中などいたるところで見かけることができます。

西宮神社の風物詩「福男」

このように西日本では「十日えびす」にちなんだ盛大なイベントがあちらこちらで開催されますが、中でも西宮神社では際立ったイベントが開催されます。

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

「福男」スタート地点の表大門

それは「開門神事福男選び」です。開門の合図と同時に門から本殿までの230mを走り、1着から3着になった人を新年の「福男」として認定するというイベントです。「福男」として選ばれた人は、その年一年間、幸福が訪れると言われています。

【お正月】商売繁盛の神様に初詣! 「西宮えびす神社」へ福を迎えにいこう

西宮神社の境内図

西宮神社では、1月10日の午前4時から「十日えびす大祭」が開催されます。その間、正門にあたる表大門が閉じられたままになります。そしてそのお祭りが終わった午前6時に門が開かれます。この門が開かれると同時に大勢の人たちが本殿に向けて疾走する大人気のイベントです。「福男」とありますが、実は老若男女問わず参加できます。ぜひ新年の運試しに参加してみてはいかがでしょうか。

Information

西宮神社


住所:兵庫県西宮市杜家町1-17
最寄り駅:阪神電車「西宮駅」
アクセス:阪神電車「西宮駅」南口より南西へ徒歩5分
公式HP:えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト

著者

NakanoArito
北海道出身、さいたま市在住。イクメン週末ライター。

関連タグ

関連記事

日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「風鈴」
日本のことば事典「風鈴」
【おみやげ】見る人を笑顔にさせる文房具、イワコーの「おもしろ消しゴム」
【おみやげ】見る人を笑顔にさせる文房具、イワコーの「おもしろ消しゴム」
変わらないものの美しさ。大分県「小鹿田焼」
変わらないものの美しさ。大分県「小鹿田焼」
「書」の美しさにも魅了される! 相田みつを美術館で詩と向き合うひととき
「書」の美しさにも魅了される! 相田みつを美術館で詩と向き合うひととき
みんなでお酒を回し飲み!!沖縄県宮古島に行ったら、地元の人と触れ合おう!!
みんなでお酒を回し飲み!!沖縄県宮古島に行ったら、地元の人と触れ合おう!!