「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

LiSAさんの今年を締めくくる曲として、12月10日リリース予定の「ソードアート・オンラインⅡ」《マザーズ・ロザリオ》編のエンディングテーマ、LiSA・7thシングル「シルシ」について、LiSAさんにインタビューしてきました。

2014/12/10 Kazusanosuke
「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

2014年は自身のコンサートの他、数多く行われた国内外イベントへのライブ出演にCD(ラブレター)のリリースなど、みんなに愛されているからこそ休む暇なくみんなのところに想いを届け続けたアーティスト・LiSAさん。

年明け2015年1月10日、11日の2日間に渡り、日本武道館にてワンマンライブを開催することが決定しており、年明け早々、LiSAさんから目が離せない年になりそうです。

今回は、そんなLiSAさんの今年を締めくくる曲として、12月10日リリース予定の「ソードアート・オンラインⅡ」《マザーズ・ロザリオ》編のエンディングテーマ、LiSA・7thシングル「シルシ」について、LiSAさんにインタビューしてきました。

自然体で歌えるようになった今だからこそ、バラードを届けたい

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

━━まず今回、バラード曲ということで、歌ってみての率直な感想やバラードを歌おうと思った経緯などをお聞かせ下さい。

LiSA:今までLiSAというアーティストを表現するために、ピンクとか黒だとかロック・ポップ感の強い色を全面に押し出してきて、「LiSAといえばロック!」っていう印象をつけてきたんですけど、今年の武道館ライブが終わってから自分自身すごくナチュラルな形で歌が歌えるようになったなと思っています。

その武道館を経て、今なら真っ白な状態でバラードに言葉を乗せて歌が歌えるなと思ったので、今回はバラードに挑戦しました。私のバラード曲の一番代表的な曲って多分、アニメ『Angel Beats!』で歌った「一番の宝物」なんですよね。

その頃から聴いてくれている人たちは、「バラードが好きだ」って言ってくれる人もたくさんいて、「やっぱLiSAといえばバラードだよね!」っていうような声とかも聞こえてくるんですけど、「お前ら今までロックだって言ってたじゃんか!」とか思っていたり(笑)。

━━バラードを歌うことについて、来年ではなく今年じゃなきゃダメだったんですかね?

LiSA:やっぱり今年の武道館を経て、背負っていた鎧みたいなものを全部おろして歌が歌えるようになったと言うか、等身大で歌えるようになりました。

武道館以降のライブでもずっとそういった状態でパフォーマンスができていると思います。だからこそ、今、何も飾らないで歌が歌えているこの状態で「シルシ」を出せたことはすごくよかったと思います。来年の武道館にこの曲も連れていきたかったですし。

━━なるほど。この「シルシ」って今年の武道館、来年の武道館におけるLiSAさんの成長を見せたかったという意図もあるんですかね?

LiSA:一回り強くなったからこそ書けた詞ですし、そういった意図はありますね。2年前に「crossing field」で担当させてもらった「ソードアート・オンライン」に対しても、LiSAとしての感謝の形というか、実力をちゃんとつけて戻ってきたって言える歌を持って、また武道館に行きたかったという思いはあります。

━━「シルシ」の歌詞って「忘れない」とか「見落とさない」とか過去にフォーカスしている部分が多いと思うんですけど、それはある意味、今年の武道館への振り返りという意味も込めているんですか?

LiSA:武道館という意味もあるんですけど、それだけではないです。昨年、武道館に行く前に「全国行脚47杯いただきますっ」という企画で、全国各地いろんな所に行ってきました。

そこで普段行けない場所だったり、初めて会う人たちが会いに来てくれたんですけど、その場で「LiSAさんの歌にいつも元気もらってます!」って泣き出す子だったりとか、目の前で一生懸命何かを伝えてくれる人がいっぱいいたんです。

その時、こんなに遠くにも自分の歌をきちんと受け取ってくれる人がいて、自分の届けているメッセージがちゃんとこの人たちに届いているんだなって感じました。

今年の武道館も私の目の前にいる人たちが力を貸してくれたから乗り越えられたっていう部分があって、そうやって思い返すと”LiSA“というアーティストは、ファンと互いに「想い」というものを届け合いながら寄り添って歩いてきたのだなと思ったんです。

今やっといろいろなものが見えた状態で後ろを振り返ったとき、その一つひとつの思いがちゃんとシルシになって私の後ろにあるなと思ったので、そういった意味も込めています。

LiSAの歌が繋げた2つの世界

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

━━今回『ソードアート・オンライン』としてのタイアップ曲ではありつつも、アニメの世界観というよりは、「LiSA」としての想いを歌っているという感覚の方が強いんですかね?

LiSA:その感覚は、実はどちらも同じくらい強いです。というのも、この曲の詞を書くにあたって、まず『ソードアート・オンライン』の原作を読んで、そこでLiSAとしてこの物語に歌えるものってなんだろうって探し方をしました。

この物語から自分が歌えること、素直な気持ちで歌えるものを書こうと思って書いたので、そういう意味ではどちらの思いも強いですし、どちらが主人公になっても120%で届けられるかなと思っています。

アニメのエンディングで、アスナがイヤホンをして再生ボタンを押し、「PLAY」って流れ始めるシーンがあるんですけど、そのシーンを見ていて私はLiSAとして『ソードアート・オンライン』の世界にもちゃんと歌を届けられたなと思いました。

私の音楽を聞いてヒロインのアスナが思い描くユウキとの思い出や、主人公・キリトくんへの気持ちだったり、いろんな人を思い浮かべながら彼女が最後に涙を流しているんだって思ったときにすごく感動して…。

━━それって新しい見方ですね。

LiSA:そうですね。そういう意味で2次元と3次元、私が今いる世界と彼らがいる世界を繋げられたんじゃないかなって思ったときに、すごく嬉しかったです。

それと同時に、いつもだったらアニメがあって、その作品のメッセージを自分が客観的に見て受け取ることってあるんですけど、それが今は作品のなかのキャラであるアスナが私の音楽を聴いてくれている。私の音楽を聴いてくれているっていう瞬間を見させてもらったことにとても感動しています。

━━「シルシ」に収録されている2曲目について、古屋真さんが作詞を担当された「No More Time Machine」も同アニメ作品の楽曲ですが、曲名にもあるようにタイムマシーンのことについて歌っていますよね。

歌詞のなかでは結論としてタイムマシーンなんか必要ないということになっていますが、LiSAとしてタイムマシーンについてどう思っていますか?

LiSA:私もタイムマシーンは必要ないと思っています。自分の居場所とかってみんなそれぞれあると思うんですけど、その居場所が学校であれば、ゆくゆくは卒業しなきゃいけない。

私の場合だったら地元の岐阜から上京するとか、それぞれがいろいろな道を過ごしていて、自分の道を歩んでいて、それが永遠に続くわけじゃないんですよね。

だからこそ、その瞬間の居場所っていうのをすごく大事にすべきだと思っていて、例えば私のライブだったらそこに集まってくれるみんなはそれぞれ別々の道を生きているけど、ライブ時においてはお互いに居場所を見つけられる。

そういう、今過ごしている大切な場所、大切な人を大事にして欲しいなって私は思うので、その気持ちをLiSAとして歌いたいと、古屋さんに伝えたんです。

そしたら古屋さん、天才すぎるのでLiSAの思っていることをそのまま書いてくれました(笑)。それに古屋さんは「LiSAとして歌わなくちゃいけないこと、歌いこと」っていうのをすごく理解してくれているので、何も心配することなくお任せすることができましたし。

━━じゃあ歌詞には素直に入っていけたってことですね。

LiSA:そうですね。やっぱりLiSAという人が掲げているテーマも「今日もいい日だ」なので、未来とか過去とかも大切ですけど、なによりも「今」。今、この瞬間に何をやっているのか、何をするべきなのか。

今、この瞬間に目の前にある大切なもの、今日もいい日だって言える理由を見つけるんだという姿勢がLiSAなので、それは多分、ずっと変わらないんじゃないかなと思います。

題材とか曲によってのテーマとかは変わることがあっても、最終的にたどり着くことは「今日もいい日だ、って言いたいんだなこいつは」と思っていただければ(笑)。

LiSAの新たな挑戦。「ただただメロディーを楽しんでいます!」

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

━━今回、新たな挑戦として初回生産限定盤のみに収録されている「crossing field」英語バージョンですが、歌ってみた感触はいかがでしたか。

LiSA:初めはとっても難しかったです。やっぱり発音とかかが…。ただ私はもともと洋楽が好きでずっと聴いていて、昔やっていたバンドも英語の曲が多かったんですよ。なので、あんまり自分が歌うってことに関してはそんなに抵抗はなかったんです。

けれども、それを実際に海外の方々に届ける形で歌うとなると、「発音」だとか「ちゃんと伝わるか」を意識しないといけなかったのでとても大変でした。

━━既に歌われている日本語の歌詞に比べてどれくらい大変でした?

LiSA:「crossing field」が初めて歌う曲だったのなら、たぶんもっともっと大変だったと思うんです。ただ、この曲自体はもう山ほど歌っていて。私が今までで一番歌ってきた曲なんですよね。

なので歌い方やメロディが先に頭に入っている状態で、あとは英語のニュアンスを覚えるだけでした。英語と日本語で何か違うかって言われると、私が歌詞を覚えるかどうかの話であってそこまで大変ではなかったです。

ただやっぱり発音は大変で、歌詞を訳してくださった本山さんにもう、めっちゃ厳しく教えてもらいました(笑)。

━━なるほど(笑)。日本語で歌う時と英語で歌う時では歌い方が変わったりしましたか?

LiSA:歌い方は大分変わりましたね。やっぱり口の形も違いますし、アクセントも違いますし。例えば「長い夢見る〜」のところとか「I gotta break」なんですよ(笑)。口の動きが全然違うから、それはそれで新しいものとしてすごく楽しく歌わせてもらいました。

歌詞もそのまま翻訳したのではなくて、その歌詞のニュアンス毎に英語でも同じ景色が見えるように訳しています。だから感覚的には別の歌として歌っている部分もあるんですけど、伝えたいことは英語版の歌詞でも変わらないので、ある意味、メロディーとして素直に歌いたいまんま歌っているのが英語ですね。

日本語は意味がわかってしまう分、「この言葉を強く言いたい!」とか思ってしまうんですけど、英語はもうメロディーに合わせて歌いたいように歌っている感覚があります。

━━最後に「LiSA」としての活動が3年目を迎えて、この先の1年はこんな見せ方したいなどありますか。

LiSA:今年の武道館というのは、私のなかで本当に一つの変わり目だったと思っています。あそこで鎧を一つ剥いだことによって、やっとナチュラルなLiSAとして音楽を、ライブを作れるようになったと思います。

そういう意味では、「ナチュラルLiSA」のショーはまだまだ始まったばっかりなので、これをちゃんと形にして、LiSAという世界をもっともっと突き詰めていくことが私のやるべきことだと思います。今後もまだまだ応援よろしくお願いします!

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

おまけ

「何も飾らないで歌える」 武道館ライブを振り返り、”今”だから歌えるLiSAのバラード曲「シルシ」

Photo by えだまめ

2014年のLiSAさんは、アジアを中心に約10ヵ国でライブパフォーマンスをするなど、海外展開を積極的に行ってきました。

さまざまな国へ行く楽しみとしてあるのが、ライブの場でファンの方と会えるということだと思います。その楽しみに加えて、もう一つの楽しみとしてあるのが食べ物です。

LiSAさんはTwitterやブログで掲載しているように、いつも何かしらを食べている自称・食いしん坊です。

そこでMATCHA編集部は、LiSAさんが今年海外へ行った先で印象に残っているお店を教えてもらいました。

国:タイ
店名:TALING PLING
場所:パラゴンのショッピングモールの中
サイト:
http://talingpling.com/
旅サイトの英語版:
http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g293916-d1128754-r118173137-Taling_Pling-Bangkok.html

LiSAさんのコメント:
カレーがとってもおいしかったです! タイカレーというと、日本人にとってはココナッツミルクがたくさん入ったイメージですが、TALING PLINGのタイカレーはそれとはまた違ったタイカレーで、カレー好きの私も唸ってしまう美味しさでした。

Information

【LiSA】
オフィシャルサイト:http://www.lxixsxa.com/
Twitter:https://twitter.com/LiSA_OLiVE
Facebook:https://www.facebook.com/lxixsxa.jp
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/lisa/id573943518

【LiSA 7th single「シルシ」2014年12月10日発売】

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
価格:¥1,600(+税)
品番:svwc70031-70032

■収録曲
01. シルシ
作詞:LiSA 作曲:カヨコ 編曲:堀江晶太
02. No More Time Machine
作詞:古屋 真 作曲:野間康介 編曲:やしきん
03. crossing field -English ver.-
作詞・曲:渡辺 翔 編曲:とく 訳詞:本山清治
※「シルシ」ミュージッククリップ DVD 付
※16P 撮り下ろしブックレット封入

【期間生産限定盤(CD+DVD)】
価格:¥1,600(+税) 品番:svwc70033-70034

■収録曲
01. シルシ
作詞:LiSA 作曲:カヨコ 編曲:堀江晶太
02. No More Time Machine
作詞:古屋 真 作曲:野間康介 編曲:やしきん
03. シルシ -Instrumental-
04. No More Time Machine -Instrumental-
※TVアニメ「ソードアート・オンラインII」ノンクレジットエンディング映像 DVD 付
※アニメ絵柄描き下ろしイラストミニポスター封入
※三方背スリーブケース仕様

【通常盤(CD)】
価格:¥1,200(+税) 品番:svwc70035

■収録曲
01. シルシ
作詞:LiSA 作曲:カヨコ 編曲:堀江晶太
02. No More Time Machine
作詞:古屋 真 作曲:野間康介 編曲:やしきん
03. crossing field -English ver.-
作詞・曲:渡辺 翔 編曲:とく 訳詞:本山清治

※「初回生産限定盤・通常盤」と「期間生産限定盤」は収録内容が異なります。

【ライブ情報】
イベント名:COUNTDOWN JAPAN 14/15
開催日時:2014年12月28日(日)
イベント会場:幕張メッセ
サイトURL:http://countdownjapan.jp/

イベント名:LiVE is Smile Always~PiNK&BLACK~
開催日時:2015年1月10日(土)11(日)
イベント会場:日本武道館
サイトURL:http://www.lxixsxa.com/live/

著者

Kazusanosuke
サムライトやMATCHAで編集やったり、KAI-YOUでライターもやりつつアニソンライブイベント作ったりと、エンタメで人の変わるきっかけを作りたいおじさんです。みんなの笑顔やワクワクを仕掛けたい。

関連タグ

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して
日本の情報をチェックしよう。

関連記事

ペンライト選びに迷ったら、今はこれ!“キンブレ”を持ってアイドルや声優のライブにいこう
ペンライト選びに迷ったら、今はこれ!“キンブレ”を持ってアイドルや声優のライブにいこう
秋葉原王道「アニメショップ」3選 -アキバに行ったらまずはここ!-
秋葉原王道「アニメショップ」3選 -アキバに行ったらまずはここ!-
人気アイドルが横浜アリーナに集結。アイドルによる真夏の祭典”@JAM EXPO 2014”がついに開幕!
人気アイドルが横浜アリーナに集結。アイドルによる真夏の祭典”@JAM EXPO 2014”がついに開幕!
「新宿にもこんなに!?」意外な場所にあるTOKYOオタクショップ-新宿編-
「新宿にもこんなに!?」意外な場所にあるTOKYOオタクショップ-新宿編-
【コミケktkr】島、壁、最大手にファンネル…?覚えておきたいイベント用語まとめ
【コミケktkr】島、壁、最大手にファンネル…?覚えておきたいイベント用語まとめ
関西のオタクの街、ポンバシこと日本橋の魅力とは?
関西のオタクの街、ポンバシこと日本橋の魅力とは?