「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

2014年9月17日に発売される両A面(6th)シングル「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」は約1年半ぶりのノンタイアップ楽曲。今回の楽曲を通して、1年半前の自分と何がどう変わり、何を伝えていきたいのかについて語ってもらいました。

2014/09/14 Akihito Usui

これまで、大人気アニメ『ソードアート・オンライン』や『魔法科高校の劣等生』の主題歌など、さまざまな楽曲を通し、多くの人に勇気や元気を与えるような音楽を創ってきたアーティスト・LiSAさん。

2014年9月17日に発売される両A面(6th)シングル「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」は約1年半ぶりのノンタイアップ楽曲。今回の楽曲を通して、1年半前の自分と何がどう変わり、何を伝えていきたいのかについて語ってもらいました。

LiSAの120%を表した6thシングル「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

── 今回、両A面という形でリリースする6thシングル「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」は、どういった意図を持って制作したのですか。

私は、LiSAというアーティストの魅力の一つに、「ポップとロックの両方を表現出来る、振り幅の広いアーティスト」といった要素があると思っています。それは、私がデビューミニアルバムを作ってきたときから意識していたことでもあります。

これまでのさまざまな楽曲を通して、その要素をしっかりと成長させることが出来てきていると感じているのと同時に、実際にライブでもそういったパフォーマンスが出来るようになってきました。

なので、今回のシングルは、「LiSAという人を120%表現できるものにしよう」と思って、ポップとロック、ピンクとブラックというコンセプトで作りました。

── 「BRiGHT FLiGHT」は何度かライブでも披露されていると思うんですけど、歌ってみて、ファンの反応はいかがでしたか。

2014年7月の富士急ハイランド・コニファーフォレストのライブで披露したときは、会場が野外だったんですけど、とても野外ライブが似合う曲だなって感じました。

それはファンの方も同じように感じてくれたと思っています。リリースは9月17日で、まだ先なのですけど、そのライブで披露したときに「Good bye bye」というフレーズに合わせて、みんなちゃんと手を振ってくれたんですよ。なんでみんな揃ってるの? って思いました(笑)。

セーラームーンの”月野うさぎ”ちゃんが今のLiSA像を表している

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

── 両A面のもう一曲「L.Miranic」にはどういった想いを込められたんですか。

「L.Miranic」には、自分自身の人には見られたくない部分が詰まっています。人のせいにしてしまうところとか、嫉妬してしまうところ。そういった自分の弱い一面です。

こういった弱い部分って、今まではアルバム内の1曲として、ひっそりと歌っていたんです。だけれども、今年の年初に行った武道館ライブを経て「今の自分なら弱い部分もさらけ出せる」って思えるようになったので、今回はこの曲もA面として打ち出し、自分というものを見せて行こうと思いました。

── 自分自身の弱い部分を出せるようになったということは、本当に、LiSAさんの心の中で大きな変化があったのですね。

そうですね。自分がスーパーヒーローではないってことに気がつきました。今までスーパーヒーローになりたくて頑張ってきたんですけど、実際はそうではないことがわかりました。

── ただ、ライブでは「私についてきて!」と、みんなの前でヒーローとしているのは……。

ヒーローでいたいと願う人……ですね。なので、私はスーパーヒーローではなく、セーラームーンの主人公かなと思いました。セーラームーンの主人公である”月野うさぎ”ちゃんは弱いのに一生懸命、仲間を守ろうとしたりだとか……。優しい気持ちを持ったまま、だけど自分が強くならなくちゃいけないんだと、そのもがいている姿はすごく自分と重なるなと思いました。

弱い部分を受け入れてくれたファンのみんなと……

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

── 「L.Miranic」について事前に調べたのですが、この単語はなかったのですが……どういった意味なんですか?

実は、「L.Miranic」という曲名には犯人という意味が込められています。犯人って英語で「Criminal」という単語なんですけど、その単語を入れ替えて、実際に存在しているMiranicというファミリーネームをつけました。

それでLiSAのLをMiranicに付けて、「LiSA Miranic」。つまり、「犯人はLiSA、お前だ!」という意味になってます。なぜそういった意味を込めたのか、その解釈は、曲を聴いてくれたみんなに委ねたいです。

── ポップとロック、ピンクとブラックというコンセプトのなかで、3曲目の「東京ラヴソング」は、一変してだいぶラフな曲になっていますよね。

私自身、今年の1月に行われた武道館ライブまでは、ファンの方に完璧で完成されたものを見せたいとずっと思っていたんです。だけど、私の隠していた弱い部分とかって、実はみんなにバレていたんですよね。

それがわかったのが武道館ライブで、あの日、ファンのみんなは私の弱い部分を素直に受け入れてくれて、一緒に闘ってくれたんです。私のそういった一面を知ってでも、”みんなはそばにいてくれるんだな”ということがわかったときに、少し肩の力を抜いて、もう少しありのままのLiSAらしさを表現してもいいのかなって思えました。

なので、今回の3曲目は、少し肩の力を抜いて、「東京ラヴソング」のようなラフでみんなと一緒に楽しめる曲もいれてみました。

みんなの毎日をどうすれば楽しい日にできるか

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

── LiSAさんのなかで、1月の武道館ライブは少し悔いが残るところがあるものの、あのライブがきっかけに今回のシングルが生まれたんですね。

やっぱりあの日があったからこそ今の自分がいるんだなとは思います。今回の「東京ラヴソング」では、作詞・作曲を担当させていただきました。でも、私よりもっといい曲を作ってくれるクリエイターさんや、もっといい歌詞を綴ってくれるクリエイターさんはたくさんいると思います。ただ、今、LiSAという人が作詞・作曲をして届けることに意味があると思ったので、やらせていただきました。

── 全てがLiSAさんの手に生み出された「東京ラヴソング」は、今までになかったような曲になっていますよね。

そうですね。みんなと一緒に、ただただ楽しめる曲になっています。LiSAのポップな部分とロックな部分ももちろん見ていただきたいんですけど、何よりも大事に思っていることは、今日どうやってその日を楽しく過ごしていくか、その日を楽しく変えていくかっていう、遊び心みたいなものかなって思います。

例えば「東京ラヴソング」の前半って、東京のあまりよくない部分とかを歌っているんですけど、曲の最後では「でもやっぱり東京が好き!」っていうツンデレを意識した遊び心が入っています。

それともう一つの遊び心として、実はこの曲は1発録りなんです(笑)。だからこそ、本当にその場で起きたことが収録できて、すごく遊び心が詰まっています。LiSAの歌を通して、みんなの毎日にそういった遊び心が届いてくれたら嬉しいですね。

帰ってきたよ、武道館!!

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

── 今回のMusic Video(MV)ってトランクが鍵になっていますよね? そこにはどういった意図が込められているんですか。

「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」のMVでは、まさに旅に出て行くためのトランクとして使っていて、そこに大事なものだったり、お土産話だったりといろいろなものを詰め込みたいという意図があります。

それに関連して、「L.Miranic」は、「BRiGHT FLiGHT」と曲調は違うけれども、どちらもLiSAという同じ人が作っているんだという共通認識をもってもらうため、「L.Miranic」にもトランクを使いました。

── 来年の年明けには、2度目の武道館ライブが控えていますね。今年の武道館ライブを踏まえてどういった展開をしていきたいですか。

前回の武道館ライブでは、「また絶対ここに帰ってこようね」ってみんなと約束したんですけど、その約束がこんなにも早く果たせるとは思っていなかったので、すごく嬉しいです。

前回よりもっともっと強くなった、そして少しだけ肩の力を抜けるようになった私になっていると思うので、いろんな遊び心を効かせてみんなで楽しい武道館ライブを作れたらいいなと思っています。「いちごドーナツ」と「ちょこドーナツ」も持って行くんで(笑)。ぜひ遊びに来て下さい!

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

Information

【LiSA】
オフィシャルサイト:http://www.lxixsxa.com/
Twitter:https://twitter.com/LiSA_OLiVE
Facebook:https://www.facebook.com/lxixsxa.jp
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/lisa/id573943518

【LiSA 6th single「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」】
2014年9月17日発売

「スーパーヒーローにはなれなかったからこそ、伝えられる」 LiSAが新曲に込めたホンネ

【完全数量生産限定盤(CD+DVD)】価格:¥2,800(+税)
収録曲
1.BRiGHT FLiGHT
作詞:LiSA 作・編曲:野間康介(agehasprings)
2.L.Miranic
作詞:LiSA 作曲:MAH 編曲:akkin
3.東京ラヴソング
作詞・作曲:LiSA 編曲:akkin
・「BRiGHT FLiGHT / L.Miranic」イメージ映像DVD特典付
・「BRiGHT FLiGHT」イメージ24P撮り下ろしブックレット封入
・「L.Miranic」イメージ24P撮り下ろしブックレット封入
・DVDトールケースサイズ三方背スリーブ仕様

【通常盤(CD)】価格:¥1,200(+税)
収録曲
1.BRiGHT FLiGHT
2.L.Miranic
3.東京ラヴソング
※「完全数量生産限定盤」と「通常盤」の収録楽曲は同じです。

【ワンマンライブ情報】
LiSA史上最大規模ワンマンライブ開催
日本武道館2daysワンマンライブ「LiVE is Smile Always ~PiNK&BLACK~」

日程:2015年1月10日(土)「いちごドーナツ」 / 1月11日(日)「ちょこドーナツ」
会場:日本武道館(東京)
お問い合わせ:DISK GARAGE:050-5533-0888(平日12:00~19:00)

Author

Akihito Usui
22歳。高校時代をオーストラリアで過ごし、青春を生贄にヲタクに転生。アニメ、漫画、声優、ゲーム、パチスロが原動力。喜多村英梨ちゃんが好き。ライブツアー全通したり。ゲーセンで格ゲーとか家でスマDXとか。只今世界のオタク文化を見ながら国外を放浪中。進捗は以下に随時更新中。 http://otaku-otaku.com/

関連タグ

Related Articles

ガンダムの世界へいざ出撃!福岡「Dining Bar SOLOMON」
ガンダムの世界へいざ出撃!福岡「Dining Bar SOLOMON」
【新潟】人気キャラデザインの”痛車”が全国から集まる、「高田本町 痛車まつり」
【新潟】人気キャラデザインの”痛車”が全国から集まる、「高田本町 痛車まつり」
ウルトラ怪獣たちが主役!興奮間違いなしの「怪獣酒場」
ウルトラ怪獣たちが主役!興奮間違いなしの「怪獣酒場」
来て見て触れて手塚ワールドを満喫!宝塚市立手塚治虫記念館
来て見て触れて手塚ワールドを満喫!宝塚市立手塚治虫記念館
知ってた?三鷹の森ジブリ美術館のチケット&アクセス情報
知ってた?三鷹の森ジブリ美術館のチケット&アクセス情報
見て・読んで・描いて楽しむ、北九州市漫画ミュージアム
見て・読んで・描いて楽しむ、北九州市漫画ミュージアム