【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

地元生まれ、地元育ちのご主人・木村さんが営む「かたばみ精肉店」。昭和17年生まれのご主人は2代目で、先代から受け継がれる味を何十年も守り続けてきました。

先代から続く味

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

「ほかのお店をやろうとかは全然考えなかったね。生まれたときからここで働くだろうなって。昔の男は商売をやっていたら後継だって自動的に決められるからね。十年一日のごとく同じようなことやっていますよ。

孫もいるけど、今の時代後継は強要しませんね。やりたかったら継いで欲しいし、やりたくないならそれでもいい。」

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

取材中もお客さんが途切れることなく訪れ、ほとんどの人が買っていくのが名物のコロッケ。

「先代から始めたコロッケで、ソースもうちで作ったオリジナルソースを使っているんだけど、これと言ったこだわりは特にないんだよね。お客さんが好きだって言ってくれるものを出し続けているだけ。だから味は全然変わらないよ。」

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

このコロッケ、買っていくお客さんの層も様々なようです。

「朝7時半くらいに起きて、開店は9時くらいなんだけど、だいたい昼間は年配の人が多いかな。あとどこか行くついでにコロッケだけ買っていこうっていう人とか。夕方になるとお惣菜を目当てに来る人や仕事帰りの人が多いね。乳のみ児からじいちゃんばあちゃんまでいるね。」

世代を超えて親しまれる街のお肉屋さん

多くの人に愛される「かたばみ精肉店」。長いあいだ営業していれば、もちろん大変なことはたくさんあります。小売店や商店街が減っている現在、寂しい一面もありながら、やはりお店をやっているからこそ分かる喜びもあるようです。

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

「安く売るのが当たり前になっている時代だから、我々みたいに定価で売っていると忙しくてなかなか余裕がないんです。でも中にはお肉を買うなら精肉店がいいって言ってくれるお客さんもいるし、何より小売店の強みはお客さんとコミュニケーションが取れることだよね。

うちに来るお客さんって年齢層が広いから、昔来たお客さんが結婚して子供を連れてきたりすることも多いんです。そういうのが一番うれしい。世代を超えてもずっと来てくれるっていうのはありがたいですね。」

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

品物は二の次。大事なのはお客さん

店頭で接客をするのは、ご主人の奥様と娘さんたち。取材中に入れ代わり立ち代わりやってくるお客様と、ちょっとした世間話をされていたのが印象的でした。そんな微笑ましいやりとりの傍ら「商売は楽じゃない」というご主人の言葉は、長年の苦労と経験をにじませ、どっしりと深く響きます。

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

「長く続けているとね、キツい時はしょっちゅうです。朝から晩まで一人で何もかもやらなきゃいけないからね。

でも一番大事なのは、やっぱりお客さん。品物は二の次だと思うよ。お客さんは、本当に大事にしないと来てくれない。小売店ならお客さんに合わせて売る品物を選べるのが良さだしね。商品も大事だけど、人とのつながり。それを大事にしないと、商売ってできないから。」

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

お客さんの年齢層が幅広いのは、ご主人が人とのつながりを丁寧に繋いでいくからこそ。お店に外国人が来店することに関しては言葉の違いには少々戸惑うものの、実際に訪れるのは「来てくれる分には構わない」と分け隔てない様子。

「日本にはシャッター商店街と呼ばれる場所がたくさんあるでしょう。小売店も減っている。でもチェーン店へ行っても会話は必要ないんだよね。外国人に対しても、会話はできないけどお店へ来てくれる分にはうれしいよ。若い人ももしお店を出したいって少しでも思うなら、一歩踏み出してほしいね。」

最後に、ご主人にとって戸越銀座商店街とはどんな場所かをお聞きしました。

【戸越銀座商店街】やさしい味のコロッケと、あったかい人柄で愛される「かたばみ精肉店」

「わたしにとって戸越は、生まれて育った場所。他にはちょっと住めないね」。

創業以来変わらない味と、ご主人のお人柄。どの時代もお客さんを惹きつけてやまないのは、この大きくて貴重な2つの要素のおかげなのではないでしょうか。

Information

かたばみ精肉店


住所:東京都品川区豊町1丁目7-1 ウッドヴィレッヂ戸越 1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日
他言語対応:日本語
最寄駅:都営浅草線「戸越駅」
アクセス:都営浅草線「戸越駅」A2番出口より徒歩10分
/東急池上線「戸越銀座駅」2番出口より徒歩15分
参考価格:とごしぎんざコロッケ 1個90円
電話番号:03-3782-7324
公式HP:http://www.togoshiginza.jp/?p=207

著者

富士山の麓生まれ。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。

関連タグ

関連記事

日本のことば事典「ビアガーデン」
日本のことば事典「ビアガーデン」
「子どもたちの”伝える力”を育む場所を作りたい」〜世界的パティシエ小山進氏インタビュー
「子どもたちの”伝える力”を育む場所を作りたい」〜世界的パティシエ小山進氏インタビュー
子どもしか入れないお菓子屋さん。兵庫三田の「未来製作所」とは?
子どもしか入れないお菓子屋さん。兵庫三田の「未来製作所」とは?
コンビニでも買える宮崎県の郷土料理「冷や汁」とは?
コンビニでも買える宮崎県の郷土料理「冷や汁」とは?
食べられるのはここだけ!東京ディズニーリゾートの人気フード6選
食べられるのはここだけ!東京ディズニーリゾートの人気フード6選
ドライブしながら地域の特産品を楽しむ! 訪日観光客向けサービスも充実した、東京〜軽井沢の魅力的なSAPA
ドライブしながら地域の特産品を楽しむ! 訪日観光客向けサービスも充実した、東京〜軽井沢の魅力的なSAPA