【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは

【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは

日本の夏と言えば花火大会。今回は、日本の花火大会の中でも最も有名な「隅田川花火大会」をご紹介します。

日本の夏の風物詩といえば、何を思い浮かべますか? そうめんやカキ氷などの食べ物、それとも風鈴やうちわでしょうか。いやいや、夏と言って外せないのは花火大会でしょう!

花火そのものは、イベントを盛り上げるための演出として、多くの国で打ち上げられています。しかし、日本では花火そのものが主役になった「花火大会」が全国各地で開催されるのです。大会開催中は、多くの屋台(*1)が出店し、地元の人も見物客も入り混じって大盛り上がり。

(*1)【夏】MATCHA屋台 vol.1

中でも今回は、東京の真ん中で催される、関東圏最大規模の隅田川花火大会をご紹介します!

隅田川花火大会の始まりとは?

【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは
Photo Credit: gemapozo via Compfight cc

2014年の「隅田川花火大会」は第37回目。数字だけ見ると、そんなに古くないものに感じられますが、実は花火大会としての歴史はとても長いのです。

始まりは遡ること約400年ほど前の江戸時代。1732年に起こった飢饉で、多くの餓死者が出ました。その翌年、犠牲となった人々への慰霊と災厄の退散を願い、八代将軍徳川吉宗が「両国川開き花火大会」と呼ばれる水神祭(*2)を行いました。当初はあくまでも水神祭ということで、花火の数も20発程度だったそうです。

かの歌川広重も「名所江戸百景」に、この両国花火を題材にしています。打ち上げられると玉がふたつに割れて、中の仕掛けがこぼれ落ちる「ポカ物」が描かれています。

(*2)水神祭とは、水害や流行病の発生しやすい時期に災厄を追い払い、浄化するために行われた祭りを指す(参照:コトバンク)

【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは
東京都立図書館 江戸東京デジタルミュージアムより

それ以降、川開きの催しものとして行われ、戦争や川の汚染問題などにより幾度か中断しましたが、1978年「隅田川花火大会」と名を変え、現在のスタイルが完成しました。

闇夜に咲く光の花たち

「隅田川花火大会」は毎年7月の最終土曜日に開催されます。時間は19時5分から20時半まで。浅草寺のある台東区と、スカイツリーのある墨田区の間2箇所の会場から、花火が絶えず打ち上げられます。

桜橋近くの第一会場からは約9500発、駒形橋近辺の第二会場からは約1万500発、合計で2万発以上が花開く、盛大な祭です。プログラムに関しては未だ非公開ですが、日程が近くなると公式HPに掲載されるので、要チェックです。

【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは
墨田区公式ホームページ すみだ区報より

技術は世界中のどこにも負けない、日本の花火。スターマイン、仕掛け物、ポカ物、型物など種類も豊富です。特に「割物」と呼ばれる、大きなまん丸の花火は日本ならではの技術が詰まっています。

また、他にもカタツムリや扇、蝶や魚などの季節感溢れる形から、スマイリーマークやアンパンマン、ポケモンのモンスターボールといったポップなものまで様々です。最近レパートリーが続々と増えている型物、見る角度によっては変形してしまいますが、どこで完全形が見られるかを歩いて探すのも面白そうですね。

【夏】夜空を照らす2万の華!浅草の「隅田川花火大会」とは
Photo Credit: CLF via Compfight cc

「沢山の花火を見たい!」「迫力を感じたい!」という方には、玉数の多い第二会場がオススメです。

特に注目なのは、第一会場から約200発打ち上げられる花火コンクール。隅田川に縁のある業者7社と、全国の花火大会で優秀な成績をおさめた3社の合計10社が、自分たちの力作を持ち寄って競い合います。観客が花火業者が打ち上げた渾身の花火を、コンクールとして評価をする――このシステムが、花火技術の向上に繋がっていることを考えると、こちらも見逃せません。

少し涼しい夜の風が吹く中、たった1日で約100万人もの人が集まって花火を観賞する隅田川花火大会。観光地からも近いので、旅行客も気軽に見に行けます。そんな夏の風情を気軽に味わえるこのイベント、行かない手はありませんね!

Information

第37回隅田川花火大会


日程:7月26日(土) 19:05開始、20:30終了予定
アクセス:第一会場/東武スカイツリーライン、東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」から徒歩15分
第二会場/東武スカイツリーライン、東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」または都営地下鉄「蔵前駅」から徒歩5分
公式HP:http://sumidagawa-hanabi.com/

関連タグ

関連記事

街の人と交流しながら日本の良さを知ろう!季節ごとに行われる西新井のWarm Up Fes
街の人と交流しながら日本の良さを知ろう!季節ごとに行われる西新井のWarm Up Fes
泥にまみれて大運動会!!佐賀県「ガタリンピック」
泥にまみれて大運動会!!佐賀県「ガタリンピック」
なんだこれ!?日本全国ユニークな花火大会5選
なんだこれ!?日本全国ユニークな花火大会5選
【広島】被爆70年の夏によみがえった被爆電車が、広島の街を走る
【広島】被爆70年の夏によみがえった被爆電車が、広島の街を走る
お城と見られる花火も!関西の花火大会5選
お城と見られる花火も!関西の花火大会5選
関東の夏の夜を楽しもう。関東都内近郊花火大会5選
関東の夏の夜を楽しもう。関東都内近郊花火大会5選