着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

世界から注目を集める日本のファッション。「Kawaii」が世界共通言語として広まる中、同じくらいふつふつと盛り上がっているのが、ニッポンの着物。着ている人を見つければ「あっ、着物だ!」と思わず見とれてしまいますが、着ている人はかつてより激減してしまいました。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

しかし、他国にはない、これぞ「Kawaii」の原点とも言える着物。「日本の民族衣装であり伝統の産物でもある着物を、もっと身近にしたい」という気持ちで集まった、クリエイターの方々が集まったイベント「KIMONO salon」に行ってまいりました。

1点ものが集まる、ポップでモダンな着物と小物のギャラリー

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

5月24日、25日の土日に千駄木のガラス張りのギャラリーで開催された「KIMONO salon」。任意団体である「Nippon Collection」主催の記念すべき第一回のイベントです。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

数人の着物や着物にまつわる小物や雑貨をつくっているクリエイターの方々が、自分のブースで商品を展示し、見に来た人が気にいったら購入できるギャラリーになっています。ここで展示されているものは、すべてオリジナルの一点ものばかりです。

こちらは「福服」というリサイクル着物を扱うお店のブース。もちろん、その場で試着もできるようになっていました。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

和服を着る時に合わせてつけたい、福島の伝統工芸品である「会津木綿」を使ったピアス、ノンホールピアス、ヘアピンも並びます。(Cotton Line)

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

こちらの小箱は、京都の型染め和紙に包まれたアイシャドウ。着ている着物に合わせて、一緒に持つお化粧品もコーディネートできそうです。(OTTONAL)

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

存在感のあるかんざしが並ぶこちら。(Belega)

髪が短いからかんざしは使えない、という方は本のしおりや、帯を締めたときにアクセントとして脇にいくつか並べて挿すのがよいと教えて頂きました。

大和撫子の色気を引き出す「かんざし屋wargo 原宿店」

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

レジンという樹脂をつかった、きらきらした宝石みたいなアクセサリー。(iro*iro)

ケースに入っているのは帯留ですが、他にもペンダントや髪留めなどもありました。見た目が飴玉のようで、単色の帯にいくつかつけると映えそうです。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

ちょっとした小物入れにぴったりな、ちりめん布でできた巾着や、和紙で作られたアクセサリーなども。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

みなさん、あれもこれもと、いろんな小物や違う質の生地や着物を試して、自分たちなりに楽しむ姿がとてもすてきでした。おしゃれに「これはダメ!」というルールはないのです。

着物をまとう別嬪さんをキャッチ

イベントの最中、着物をお召になっているクリエイターの方々を数人キャッチ。おしゃれのポイントなどと合わせて伺いました。

和服美人を新緑に映える着物の色合いと合わせてお届けいたします。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

ジュエリーレジン作家の七緒さん。猫柄の帯がかわいらしい。黒と白のストライプは、100円のストール! 値段を抑えてかつアクセントになる小物使いが絶妙です。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

Cottonlineのアクセサリーを展示していた、着付師の保科さん。浴衣生地だからさらりと着こなせ、けれど内衿の白地を首元に見せることで季節感を出しています。柄は、南から戻ってきたつばめがモチーフになっていて、全体的にさわやかな装い。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

ショートカットが素敵。OTTONAL代表の水野さんは、アイシャドウの他にも、海外の人を招いて、着物を布から作ったり和食を料理するなど体験型のイベントを主催されていらっしゃるそうです。(field trip +)

帯に刺した扇子が、普段から着物を着こなしている方ならではの自然なアクセントになっています。着物の色合いこそ落ち着いていますが帯の柄、帯締めなどの差し色が効いています。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

浴衣のデザインから制作まですべてやっていらっしゃる「櫻メゾン」のお三方。左の通称マダムが着る浴衣の、明るい青色はこれから本格的に始まる夏にもぴったり。足元のサンダルも、初夏を思わせます。真ん中の杉本ふぁりなさんは、ドットの着物にドットの帯を合わせる着物玄人こそのコーディネート。

右にいらっしゃる櫻みきさんのお着物は、淡いレモン色でやわらかい雰囲気です。その上洗濯機で洗える素材を使っているのですから、普段着として着られるという優れもの。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

杉本さんの帯はリバーシブルで、「安い値段で、いろんなおしゃれを楽しめるために」と考案したものだそうです。太めのリボンやレース素材の布を合わせてもかわいいです。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

素敵にポーズを決めてくださったchichiさんは、レースの羽織がワンポイント。帯を前で締めるのは「既婚者」であることの証なのです。

着物は日本の最先端のお洒落!「KIMONO salon」イベントレポート

長く下ろした黒髪が美しい、あやかさんは紙製の小物を作る傍ら、歌手としても活動中。三味線を引くユニットとして歌っていらっしゃるそうです。また、イベント中あやかさんのみ袴姿でしたが、袴を選んだのは「なにより動きやすいから」だそうです。

着物を着こなしている方々を見ていると、「あ、そういう風に着てもいいんだ!」とコーディネートの幅の広さに驚きます。洋服に負けないくらい、着物でできるおしゃれは多様です。日本オリジナルの和服として、そして世界的に見るファッションの潮流のひとつとして、ますます注目を集めることでしょう。

Author

富士山の麓生まれ。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。

関連タグ

Related Articles

自然と花火のコラボを楽しむ!関東地方の花火大会5選
自然と花火のコラボを楽しむ!関東地方の花火大会5選
海面に咲く夏の花。神奈川県&千葉県の海で見る花火大会6選
海面に咲く夏の花。神奈川県&千葉県の海で見る花火大会6選
1年中楽しめる夢の花園、栃木県「あしかがフラワーパーク」
1年中楽しめる夢の花園、栃木県「あしかがフラワーパーク」
開催は年に2回だけ。調布「東京蚤の市」で、素敵なアンティークに出会う
開催は年に2回だけ。調布「東京蚤の市」で、素敵なアンティークに出会う
【毎週土曜】食は言葉を超える!神戸三宮のファーマーズマーケットで生産者との交流を楽しもう
【毎週土曜】食は言葉を超える!神戸三宮のファーマーズマーケットで生産者との交流を楽しもう
650mの大輪が夜空に!日本三大花火の1つ新潟「長岡花火」の見どころ
650mの大輪が夜空に!日本三大花火の1つ新潟「長岡花火」の見どころ