大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」 | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

地下鉄堺筋線「恵美須町駅」の3番出口を出ると、目の前には巨大な塔が。これぞ、大阪のシンボル「通天閣」です。

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

大阪のシンボル「通天閣」とは

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

現存する通天閣は、実は二代目だって、ご存知でしたか? 初代通天閣は1912年(明治45年)に建てられましたが、火事でなくなってしまいました。その後、再建を切望する声に助けられ、1956年(昭和31年)にできたのが現在の通天閣です。全長103メートル、幅最大24メートルの鉄骨鉄筋コンクリート造りになっています。

ちなみに、通天閣の設計者は旧歌舞伎座の設計なども担当した、内藤多仲(ないとうたちゅう)さんという方です。実は、東京タワーの設計者も内藤多仲さんなんです。だから、通天閣と東京タワーは兄弟みたいなものなんです。

人々の生活に浸透している新世界の展望塔

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

展望台へは、一度地上から地下へ降り、「わくわくランド」のエレベーターで参ります。地上から約88メートルのところにある展望台からは、大阪の街がぐるりと見渡せます。一度焼失した後も、浪速のシンボルとして愛されるのが「通天閣」なのです。

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

日本一高いビル「あべのハルカス」を望むこともできます。

広い空を仰ごう。大阪城天守閣展望台から大阪の街をぐるっと一望!

景色を楽しむだけでなく、通天閣はもはや大阪に住む人々の生活の一部にすっかり溶け込んでいます。

例えば夜。日が沈むと、通天閣のてっぺんにある丸いネオンが点灯します。なんとそのネオンの配色で、明日の天気がわかるのです。言ってしまえば、「光」の天気予報です。

白に光れば晴れ、オレンジ色なら曇り、青なら雨の予報を表します。2色に光ることもあり、上が白で下がオレンジなら、晴れのち曇りか晴れときどき曇り、と上部の配色から順に変化する天気を予測することができます。

傘をもって出かけようか迷ったときは、通天閣を見上げれば一目瞭然、ということです。もちろん、予報ですから百発百中ではありませんが。

通天閣に来たら外せないモノ2つ

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

「通天閣」そのものに加えて、この展望塔にはいくつか、大阪の人々から愛される存在があります。

ひとつは展望台に鎮座する「ビリケンさん」の愛称で親しまれているマスコット。1908年に初代「ビリケンさん」が作られてから、現在3代目になるそうです。

大きく突き出したビリケンさんの足の裏は、撫でるとご利益があると言われています。いろいろな人が撫ですぎたせいか、変色していますが、せっかく来たからには、ご利益にあやかりましょう。

大阪の浪速っ子を見守り続ける、高さ103メートルの展望塔「通天閣」

もうひとつは、名物「通天閣パフェ」(700円)。3階のカフェ・ド・ルナパークのオリジナル商品で、ここでしか食べられません。フルーツゼリーの上にコーンフレークとスポンジケーキと生クリームが乗っています。トッピングはベリーとバニラアイスクリームとシュークリームです。

甘すぎずさっぱりした味で、ペロリと食べられました。お越しの際は是非、ここでしか食べられないパフェをお召し上がりください。

ちなみに、通天閣からお帰りの際は、エレベーターをおすすめします。展望台から降りる場合は、階段かエレベーターで選べますが、「階段で下りると5分以上かかります。途中で戻る事も、出る事も出来ませんので、体力に自信がある方、健康な方のみご利用ください。400段近くあります!」と注意書きがあるほどです。僕はあえて階段を選びましたが、半分ぐらい降りたあたりで心が折れそうになりました。

決して高くはないけれど、見所も出口までの道のりもあなどれない「通天閣」。ぜひその風格を、現地で感じてみてください。

Information

通天閣


住所:大阪市浪速区恵美須東1-18-6
営業時間:9:00~21:00 ※入場は終了時間の30分前(20時30分)まで
定休日:年中無休
Wi-Fi環境:無
言語対応:日本語・中国語
アクセス:JR環状線「新今宮駅」東口から徒歩10分
/地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3番出口から徒歩3分
/地下鉄御堂筋線「動物園前駅」1番出口から徒歩10分
/阪堺電軌阪堺線「恵美須町駅」3番出口から徒歩3分
/市バス地下鉄「恵美須町」徒歩3分
参考価格:一般料金 大人700円、大学生500円、中高生400円、小学生・幼児(満5才以上)300円 ※団体割引、障害者割引有り
宗教状況:不明
電話番号:06-6641-9555
公式HP:http://www.tsutenkaku.co.jp/

著者

Hitoshi Kinoshita
奈良県生まれ大阪堀江在住。19歳で旅に目覚め、何度もバックパックの一人旅に出る。20歳の時、世界遺産でもあるスペインの巡礼路サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの道800kmを歩いて横断。 休暇はフィリピンの孤児院に住み込み、ボランティアをしている。 23歳の約半年間を、仏教の聖地「高野山」のお寺に住み込み、修行僧として過ごした。 生きている間にできるだけ多くの世界遺産を見たい。

関連タグ

MATCHA

訪日外国人観光客向けwebマガジン
‘MATCHA’ をいいね!して
日本の情報をチェックしよう。

関連記事

タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
タダで貴重な体験を!国会議事堂(参議院)見学に行ってみましょう
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
【KAMAKURA】絶景スポット満載!江ノ電で行くぶらり途中下車の鎌倉巡り
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
ほしいものが全部そろう 上野の大型ショッピングスポット5選
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選
浅草「かっぱ橋」に来たなら、絶対行くべき食品サンプル店4選
【KAMAKURA】浮世離れは鎌倉で!魅惑の竹寺「報国寺」
【KAMAKURA】浮世離れは鎌倉で!魅惑の竹寺「報国寺」
【SHITAMACHI】ちょっと寄ってく?鶯谷のラブホ街でランデヴー
【SHITAMACHI】ちょっと寄ってく?鶯谷のラブホ街でランデヴー