ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは | MATCHA - 訪日外国人観光客向けWebマガジン
ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

2014/04/21 Akihito Usui

おでんと言えば、日本を代表する煮物料理の一つで、寒い冬になると恋しくなる食べ物ですね。そんなおでんを手軽に秒速で食べられる場所が、東京にあるんです。

それがこの場所、秋葉原の中央通りから道一本外れた、「AKIBAカルチャーズZONEビル」の道を挟んだ向かい側にそびえ立つ、こちらのビル。

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

ビルには「秋葉原クレーン研究所」、「なでしこ寿司」、「チチブデンキ」など、1階から5階まで各階にお店が入っています。店先には自動販売機が何台も並べられており、ちょっとした人溜まりができている様子。

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

そこには8台の自動販売機がお店を囲むように並べられています。その中でも、普通の自動販売機にはない少し変わった雰囲気を漂わせているのが、写真中央やや右よりにある、白い自動販売機です。

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

見てください。なんと、自動販売機でおでんを売っています!

実はここ、日本で一時ちょっとしたブームを巻き起こした「おでん缶」の発祥地なのです。このビルの3階に店を構える「チチブデンキ」さんが1990年代初頭にここで「おでん缶」の販売を始め、それが秋葉原全体、さらには全国的に広まったきっかけだと言われています。

「おでん缶」が登場した当時の秋葉原は飲食店が少なく、食環境が非常に乏しかったこと、また数多くのPCショップやアニメショップなどが並ぶこの街で、より多くの店を回るため時間を惜しむ人が多かったことから、秋葉原を訪れる人たちのニーズに合致し、ここ秋葉原で定着していったと言われています。

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

牛すじ大根とつみれ大根の具の異なった2種類のおでん缶が売っています。自動販売機でおでんが売られている光景、なんだかとても不思議です。

牛すじ大根入りを食べてみた!

今回、実際に牛すじ大根入りの方のおでん缶を買って食べてみました。

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

缶の中身はかなりアツアツのまま!串の刺さったこんにゃくがあったので、まずはこんにゃくから。プルプルでとてもおいしいです!

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

こんにゃくを食べ終えたら、その串で他の具をどんどん食べていきましょう。お次は、おでんの美味しさはこの具によって決まるといっても過言ではない大根です。家庭で作るおでんの大根で難しいのは、柔らかくすることと、味を染みこませること。製造されてからずっと缶の中でだしに染みているおでん缶で食べる大根は、柔く、そしてたっぷり味が染みていいて別格のおいしさ!

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

牛すじは、少し小さめながらも、小さいお肉がたくさんはいっていたので満足のいく内容。汁といっしょにズズズっと牛すじもいただいちゃいましょう。

おでん缶以外にも・・・?

ホカホカおでんが秒速で!?秋葉原発祥の名物「おでん缶」とは

さらに、おでん缶の下の段には「ラーメン缶」なるものまで!日本のカオスな街、秋葉原にふさわしいカオスな自動販売機になっています。

3階の「チチブデンキ」さんでは、お土産用に常温のおでん缶も販売しています。その場で食べるもよし、持って帰って家で食べるもよしですね。

日曜日は「チチブデンキ」さんがお休みのため、お土産用は購入できないものの、自動販売機は年中無休で稼働!是非一度、秋葉原の一風変わった名物「おでん缶」を食べてみてはいかがでしょうか。

Information

チチブデンキ

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-12-15 チチブ電機ビル
営業時間:月曜~土曜 11時~18時
定休日:日曜
Wi-Fi環境:不明
クレジットカードの有無と種類:不明
言語対応レベル:不明
他言語メニューの有無:不明
最寄り駅:秋葉原駅
アクセス:各線「秋葉原駅」電気街口より徒歩3分
電話番号:03-3253-3443
公式HP:http://www.chichibu-el.co.jp/

著者

Akihito Usui
22歳。高校時代をオーストラリアで過ごし、青春を生贄にヲタクに転生。アニメ、漫画、声優、ゲーム、パチスロが原動力。喜多村英梨ちゃんが好き。ライブツアー全通したり。ゲーセンで格ゲーとか家でスマDXとか。只今世界のオタク文化を見ながら国外を放浪中。進捗は以下に随時更新中。 http://otaku-otaku.com/

関連タグ

関連記事

【入場無料】アニメ作り体験もできる、日本初のアニメ博物館「杉並アニメーションミュージアム」
【入場無料】アニメ作り体験もできる、日本初のアニメ博物館「杉並アニメーションミュージアム」
麦わらの一味と一緒に冒険!!「東京ワンピースタワー」〜レストラン、ショッピング編〜
麦わらの一味と一緒に冒険!!「東京ワンピースタワー」〜レストラン、ショッピング編〜
麦わらの一味と一緒に冒険!!「東京ワンピースタワー」〜アトラクション・ライブショー編〜
麦わらの一味と一緒に冒険!!「東京ワンピースタワー」〜アトラクション・ライブショー編〜
【前編】『ドラえもん』の世界へ!!川崎「藤子・F・不二雄ミュージアム」
【前編】『ドラえもん』の世界へ!!川崎「藤子・F・不二雄ミュージアム」
ガンダムの世界へいざ出撃!福岡「Dining Bar SOLOMON」
ガンダムの世界へいざ出撃!福岡「Dining Bar SOLOMON」
【新潟】人気キャラデザインの”痛車”が全国から集まる、「高田本町 痛車まつり」
【新潟】人気キャラデザインの”痛車”が全国から集まる、「高田本町 痛車まつり」